Galaxy S8の新たな噂。RGB配列で画素数1.5倍で鮮明さアップ、新素材でパネルの耐久性アップ

スポンサーリンク

Galaxy S8の新たな噂。RGB配列で画素数1.5倍で鮮明さアップ、新素材でパネルの耐久性アップ

samsung-galaxy-s7-edge-review-2016-01-450x263

テックサイトのSAMMOBILEがGalaxy S8の新情報を伝えています。

・解像度はWQHDのまま

⇒それでも新素材で画質の向上、バッテリー持ちアップ

これまでに4Kディスプレイの搭載も噂されたGalaxy S8ですが、今回の噂では、Galaxy S7シリーズと同じく解像度はWQHD(2560×1440)のままとのこと。

さらに素材が新しくなり、さらなる画質の向上と省エネルギー性を実現しているそうです。

・ダイヤモンドPenTile配列に代わりRGBストライプ配列の採用で画素数1.5倍

⇒鮮明さアップ

またGalaxy S8の有機ELディスプレイでは、これまでのGalaxyシリーズで採用されていたPenTile(ペンタイル)配列に代わり、RGBストライプ配列を採用しているそうです。

これにより、画素数がこれまでより1.5倍向上し、明らかに画像が鮮明になります

・新素材でディスプレイの頑丈さがアップ

パネルの新素材採用により、これまでよりさらにダメージや衝撃といったものへの耐久性がアップするとのこと

Galaxy S8は17年2月発表、3月発売が予想されています。

参考:

GSMARENA ”Galaxy S8 to come with an RGB AMOLED and no Home key

SAMMOBILE ”Exclusive: Galaxy S8 display retains 2K resolution, new material enhances quality, home button ditched

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク