AR&世界初8GBメモリな「ZenFone AR」、デュアルカメラで5000mAhな「ZenFone3 Zoom」が発表

スポンサーリンク

ASUSが新型スマートフォン「ZenFone 3 Zoom」「ZenFone AR」を発表

ASUSがCES 2017カンファレンスを開催、これまでの噂通り、新型スマートフォン「ZenFone 3 Zoom」と「ZenFone AR」を発表しました。

・ZenFone AR

ZenFone ARはその名の通り、AR(拡張現実)に対応。レノボの「Phab 2 Pro」以来2機種目となる、GoogleのAR技術「Tango」VR技術「Daydream」に対応したデバイス。

ただしチップセットSnapdragon820の性能上、TangoアプリとDaydreamアプリのクロスオーバー使用は行えません。デイドリームビューではデイドリームアプリのみを、タンゴモードではタンゴアプリのみを使用できます。

・スペック

ディスプレイ:5.7インチ

ディスプレイ解像度:2560×1440

メモリ:8GB

チップセット:Snapdragon 821

カメラ:ソニーIMX318、2300万画素、光学手ブレ補正OIS、 電子式手ブレ補正EIS、4K撮影可能

AR:Tango-enabled 、Daydream Ready

・Tango-enabledとは

RGBカメラ、トラッキングカメラ、深度センサーらの”TriCam技術”により、GoogleのAR技術「Tango」に対応。

ZenFone ARはレノボ「Phab Pro 2」に続いてのTango-enabled デバイスとなる。

Tangoの解説動画

・Daydream Ready とは

「Daydream ready」とは、GoogleのVR 「Daydream」に対応したデバイスのこと。

Daydreamは高品質な VR 映像を提供するため、プレイするにはDaydream Readyに対応したスマートフォンであることが必須となっている。

Daydreamの解説動画

・AR&VRの注意

ただしチップセット性能の限界上、Daydreamアプリ上でTangoアプリを使うようなことはできない

デイドリームビューではデイドリームアプリのみを、タンゴモードではタンゴアプリのみを使用する。

・ZenFone 3 Zoom

ZenFone3 Zoomはデュアルカメラを搭載。iPhone 7 Plusのようなきれいなボケ撮影を可能にします。

一方で、デュアルカメラにしたためか、昨年のモデルでは3倍だった光学ズームカメラは2.3倍に。そのほか0.03秒高速オートフォーカスなどカメラ性能の高さがセールスポイントとなっています。

またちょっとしたところでは、バッテリー容量が5000mAhの大容量。

世界市場では2月に発売されます。

・スペック

発売:2月(海外)

OS:Android 6.0

ディスプレイ:5.5インチ、Gorilla Glass 5

ディスプレイ解像度:フルHD 1920×1080

チップセット:Snapdragon 625

カメラ:ソニーIMX362、1200万画素×2、光学手ブレ補正OIS、1/2.5型、 f/1.7、1.4nmピクセル、電子式手ブレ補正EIS、4K撮影可能

重さ:170g

バッテリー:5000mAh

参考文献:

androidcentaral ”Tango and Daydream finally coexist in a single phone thanks to the ASUS ZenFone AR

The Verge ”Asus’ ZenFone 3 Zoom cuts back on the camera and beefs up the battery

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク