Galaxy S8の本体レンダリング画像がリーク。Xiaomi Mi Mix並みの画面占有率がよくわかる

スポンサーリンク

Galaxy S8の本体レンダリング画像がリーク。Xiaomi Mi Mix並みの画面占有率がよくわかる

サムスンの新型スマートフォン、Galaxy S8の本体レンダリング画像がリークされています。

先日リークされた詳細なスペック情報の通り、Xiaomi Mi Mixばりの画面占有率が特徴となっています。

【再掲:Galaxy S8のスペック】

・基本スペック

モデル&ディスプレイ:5.8インチGalaxy S8/6.2インチGalaxy S8 Plus

画面占有率:83%(Galaxy S7は72.1%、iPhone 7は65.6%。以前話題になったXiaomi Mi Mixは83.6%)

・Xiaomi Mi Mix

画面解像度:QWHD(2560×1440)

画面アスペクト比率:18.5:9。これにより、Galaxy S8/Galaxy S8 Plusは画面サイズが大きくなりつつも横幅はS7/S7edgeと同じ

ストレージ容量:64GBから

microSDスロット:あり。256GBまで

チップセット:Snapdragon 835 /サムスンExynos。ともに10nm製造方法を用いた初めてのプロセッサ。Snapdragon 835を搭載した初めてのスマートフォン

メモリ:4GB。S7シリーズと同じ

バッテリー容量:3000 mAh /3500 mAh。画面サイズが大きくなる割には、あまり変わらず

USBポート:USB Type C ポート

3.5mmヘッドフォンジャック:あり

・カメラと生体認証

メインカメラ:1200万画素/フロントカメラ:800万画素。 f値1.7。解像度の改善

メインカメラ:OCRのようなビジュアルサーチ機能

フロントカメラ:Galaxy Note 7のような虹彩センサー

ホームボタンと指紋認証センサー:本体背面に移動

・WindowsモバイルのContinuumのような「サムソンDex」機能や音声アシスタント機能、感圧タッチ

サムソンDex機能:Windows10スマートフォンの「Continuum」機能のように、スマートフォンの画面をディスプレイに映すことが可能。ただしドックが必要。

Bixby(ビクスビー):AppleのSiriのような音声アシスタンス機能

感圧タッチ:Appleの機種ではiPhone 6sシリーズからはじまった「感圧タッチ」機能が搭載

・発表/発売

発表:3月29日にニューヨークのイベントで発表

発売日:4月21日

価格:Galaxy S8が799ユーロ、 Galaxy S8 Plusは899ユーロ。S7シリーズから100ドルほどそれぞれアップ

参考:

GSMARENA

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク