【ニュース】日本アニメのようなキャラクターが織りなす一人称アドベンチャー、『AWAY: Journey to the Unexpected』がNintendo Switch・PS4ほかでアナウンス

スポンサーリンク

日本アニメのようなキャラクターが織りなす一人称アドベンチャー、『AWAY: Journey to the Unexpected』がアナウンス

前作:The Next Penelope

https://www.youtube.com/watch?v=f49ORN7Z_H0

一風変わった見下ろし型レースゲーム「The Next Penelope(ザ・ネクスト・ペネロペ)」を一人で開発したとして注目を集めたフランスのクリエイター、アウレリエン・レガード氏。

そのレガード氏と、UBIソフトの人気アクションゲームシリーズ「レイマン」のレベルデザイナーを務めたジム・ゲニッソン氏がタッグを組んで現在開発中の新作ゲームソフト、AWAY: Journey to the Unexpected(アウェイ:ジャーニー・トゥ・ザ・アンエクスペクテッド)がアナウンスされました。

このソフトは、先日の任天堂によるインディーソフトセッションにて紹介されていたソフトの一つでもあります。

・トレーラー

ゲーム内容は70~80年代の日本アニメに出てくるかのようなキャラクターたちが織りなす、ローグライクのファースト・パーソン・アドベンチャーとなっています。

対応ハードはNintendo Switchのほか、PlayStation 4、Xbox One、PC、Mac。発売は2017年予定。

【ゲーム情報】

タイトル:AWAY: Journey to the Unexpected(アウェイ:ジャーニー・トゥ・ザ・アンエクスペクテッド)

開発:アウレリエン・レガード&ジム・ゲニッソン(個人)

ジャンル:一人称アドベンチャー(FPA)

対応ハード:Nintendo Switch、PS4、Xbox One、Windows PC、Mac

発売日:2017年予定

ポイント:前作といい今作といい、開発者は日本の80年代アニメが好きらしい

スポンサーリンク