台湾経済メディア「NintendoSwitchは今年度最大2000万台出荷。さらなる新型PS4が発売、Project ScorpionはMRデバイス対応」

スポンサーリンク

台湾経済メディア「Nintendo Switchは今年度最大2000万台出荷。さらなる新型PS4が発売、Project ScorpionはMR機器対応」

台湾の経済メディア DigiTimes が任天堂のNintendo Switch、マイクロソフトのProject Scorpion、ソニーPlayStation 4についてのレポートを行っています。

・Nintendo Switch

  • 世界的な販売状況の好調さにつき、初年度内において、控えめに見ても1000万台、最大で2000万台を出荷する計画らしい
  • 任天堂の君島社長は、Switchの販売について最終的に1億台を超えると言った、とか
  • Switchの製造元はフォックスコン(鴻海;半数のシェア)、ミツミ電機、ホシデンの3社
  • 各種の部品供給元はAdvanced Semiconductor Engineering(ASE)、Jentech、Delta Electronics、Nanya PCB、Foxlinkなど、台湾メーカーが多い

・Xbox ”Project Scorpion”

  • UHDに加え、マイクロソフトが開発するMRデバイス(注:おそらくHololensのこと)や各社のヘッドマウントディスプレイに対応
  • Project Scorpionは今年のE3で発表
  • 製造はマイクロソフトの製品やiPhoneの製造でおなじみ、台湾Pegatron TechnologyとFlextronics Technology

・Hololens

https://www.youtube.com/watch?v=eF2QhJjCaDc

・新型 PlayStation 4

  • 昨年新型PS4とPS4 Proを発売したソニー・インタラクティブエンタテインメントだが、さらなる薄型となる新型PlayStation 4を発売することが期待される(さらっと書かれているのでわかりにくいが、PS4 Proの薄型バージョン?)

参考:

DigiTimes”Nintendo expects to ship 20 million Switch devices in first year

スポンサーリンク