iPhone 8のデザイン図がリーク。5.8インチながら、iPhone 7 Plusより横幅狭くかなり持ちやすく。リークを元に予想画像も作られる

スポンサーリンク

iPhone 8のデザイン図がリーク。5.8インチながら、iPhone 7 Plusよりかなり持ちやすく。リーク情報を元に予想画像も作られる

製造元のフォックスコン(鴻海)の工場から、2017年に登場するiPhone 8のCAD画像とサイズが流出したそうです。

・流出したCAD画像(左)と予想図(右)

・流出画像より分かった、5.8インチ「iPhone 8」の特徴

・デュアルカメラとその下にフラッシュがある

・アップルロゴの下に、タッチID&指紋センサーが配置(iPhone 8はGalaxy S8と同じく背面指紋センサーになるらしい)

・画面のサイド部分と上下部分のフチが狭いべゼルレスデザインにより、5.8インチながら5.5インチ iPhone 7 Plusより狭く、4.7インチiPhone 7とあまり変わらない横幅サイズを実現

・5.8インチ iPhone 8 のサイズ:149.501×72.497×8.624mm

・5.5インチ iPhone 7s Plus のサイズ:158.13×77.79×7.12mm

・iPhone 7s Plusは、これまでのiPhone 7シリーズからのデザインを踏襲するらしい

参考:

4.7インチ「iPhone 7」のサイズ…138.3×67.1×7.1mm

5.5インチ「iPhone 7 Plus」のサイズ…158.2 ×77.9×7.3mm

このリーク情報を受けて、早速 iPhone 8の予想デザイン図が作られています。どうやらiPhone 8は、すでに発表されたサムスンGalaxy S8やLG G6と似たようなデザインになるようです。iPhone 8の発売は、毎年の発売シーズンの9月から遅れて「今年年末」が予想されています。

参考:

weibo.com

9To5Mac ”Purported iPhone 8 schematics show ‘bezel-less’ front, rear Touch ID, supposed dimensions”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク