アナリスト「iPhone 8はバッテリー大容量化により持ち時間が大幅に伸びる。メモリ3GB、急速充電対応」

スポンサーリンク

アナリスト「iPhone 8はバッテリー大容量化により持ち時間が大幅に伸びる。メモリ3GB、急速充電対応」

調査会社コ―ウェンアンドカンパニーのアナリスト、ティモシー・アーキュリー氏は、アップルが今年発売する「iPhone8」「iPhone7s」「iPhone7s Plus」の3モデルについて、メモリ容量3GBとUSB-Cによる高速充電対応、バッテリー容量の増強とそれによる持ち時間の大幅な伸びなどを予測しています。

アーキュリー氏の予測は次の通り。

ストレージ容量:

  • iPhone8は64GBと256Gの2種類、iPhone7s・iPhone7s Plusは32GB、128GB、258GBの3種類

ポートと高速充電:

  • 3つのモデルとも、ポートはこれまでと同じLightning。またUSB-Cでの高速充電に対応

メモリ容量:

  • 3モデルとも3GBを搭載

バッテリー容量:

  • iPhone 8はバッテリーパックが2つになり大容量に。それによりバッテリー持ち時間が大幅に伸びる

参考:

MacRumors ”All Three 2017 iPhones Predicted to Have 3GB of RAM and Lightning Connectors With Faster Charging”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク