PSVITA、おすすめ7ゲームソフトタイトル

スポンサーリンク

PSVITAおすすめゲーム集

PSVITAの、どちらかといえばあまりメジャーでないゲームを紹介しています。

【アクション】

・UPPERS(アッパーズ)

・マーベラス / 2016年7月14日発売 / 5378円

「ケンカに強いヤツがサイキョーで、モテまくり」という、男の子夢が現実に。

昔懐かしカプコンの『ファイナルファイト』を、3Dにしたようなゲーム内容。

・オーディンスフィア レイヴスラシル

・アトラス / 2016年1月14日発売 / 7538円(税込)

プレイステーション2で発売されたアクションRPGの傑作をリメイク。印象画のような幻想的なグラフィックは特筆すべきもので、一度見たら忘れない。

開発は『プリンセスクラウン』『朧村正』など良作の開発で知られるヴァニラウェア

・戦国乙女

・プラネットQ / 2016年8月25日発売 / 7538円(税込)

元々はパチンコのコンテンツだったものを、格闘アクションとして発売。モードの多彩さやシナリオのパートが好評。

・マクロスΔ スクランブル

・バンダイナムコエンターテインメント / 2016年10月20日発売 / 6588円 (税込)

人気アニメ『マクロス Δ』の原作途中までのストーリーを忠実に再現。ゲーム内容としてはフライトアクションながら、同種の他ゲームと違い、操作がわかりやすいものになっているのがgood。開発は『アクアノートの休日』のアートディンク。

・ロゼと黄昏の古城

・日本一ソフトウェア / 2016年4月29日発売 / 4298円(税込)

海外インディーゲームの『Limbo』によく似た、ダークな感じの2D横スクロールアクションゲーム。

硬派なアクションゲーム部分に加え、インディーゲームを元にしたためキャラクターゲーム性が薄いが、そこがかえって好評。

【RPG】

・勇者死す

・日本一ソフトウェア / 2016年2月25日発売 / 6458円(税込)

独特な世界観を持つゲームの数々で知られる桝田省司氏の最新作。「残り5日間の命を持ち、次第に弱っていく勇者が主人公」という、異色のゲーム設定が特徴。

【恋愛】

・レコラヴ

・角川ゲームズ / 2016年10月20日発売 / 7538円(税込)

「動画撮影」をテーマにしたイマドキっぽいゲーム内容のソフト。合宿中、美少女と仲良くなった主人公は合宿中に彼女らの動画を撮影、最終的に結ばれることを目指す。

キャラクターが3Dでグリグリと動く様子は、まさにvitaならでは。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク