2018年度にNintendo Switch ミニが発売されることを大手証券会社アナリストが予想

スポンサーリンク

2018年度にNintendo Switch ミニが発売されることを大手証券会社アナリストが予想

アメリカの大手金融会社・シティグループのアナリスト、ムナカタ・ミナミ氏とエザワ・コウタ氏は任天堂が2018会計年度(2018年4月~2019年3月)にNintendo Switchの小型版「Nintendo Switch Mini(ニンテンドースイッチ ミニ)」を発売することを予想しています。

その理由として両氏は、現状のNintendo Switchは”よくできている”ものの、任天堂の主要客層である子供には”大きすぎるし、重すぎる”ことを挙げています。

確かに6.2インチ・398g(Joy-Con取り付け時)のNintendo Switchは、子供が扱うには少しデカすぎる存在かもしれません。

任天堂の携帯型ゲーム機に関しては、これまで君島社長や幹部から「3DS後継機の開発検討中」「3DSソフトの2018年までのリリース」などが明らかにされています。

・関連:

任天堂・君島社長が米大手誌に3DSの後継機・Nintendo SwitchでのVR展開ほか多くを語る
任天堂・君島社長が米大手誌に3DSの後継機・Nintendo SwitchでのVR展開ほか多くを語る 任天堂の君島社長がア...
任天堂常務「2018年までは3DSのソフトを発売し、3DSのサポートを行う」
任天堂常務「2018年までは3DSのソフトを発売し、3DSのサポートを行う」 新型ゲーム機「Nintendo Switch...

・君島社長による決算説明会での説明(概要)

・ニンテンドー3DSとNintendo Switch の棲み分けは、当⾯はできる

・3DSとNintendo Switch では形状、重さ、価格、遊べるゲームの種類や量が異なる

・3DSは初めてのゲーム機として、Nintendo Switch とは異なる需要やマーケットが存続すると考えている

引用元:2017 年 3 ⽉期経営⽅針説明会/第 3 四半期決算説明会 質疑応答(要旨)

君島社長のアメリカTIME誌とのインタビューでの発言(意訳)

君島:具体的に、まだ3DS後継機種の開発に着手してはいません。2画面になるかもわかりません。ただ任天堂は携帯ゲーム機の継続を考えていて、発売するため、あらゆる方策を検討しています。

ですから、現在は携帯ゲーム機のビジネスを続けるため、これまでとは違うやり方を模索しているところです。

情報元:time.com

参考:

Bloomberg ”Nintendo Will Release a Mini-Size Switch in 2019, Citigroup Predicts”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク