【まとめ】2016年型MacBookPro、報告されている不具合5種類の一覧

スポンサーリンク

【まとめ】2016年型MacBookPro、報告されている不具合一覧

注:不具合は必ずしも購入ユーザーのすべての起こるものではありません

・不具合のようすとその原因

①:キーが反応しない

キーを押しても文字入力がされない

②:キーに触れた際の触感がなんか変

使用するたび、異なったキーの触感がする

③:文字入力がおかしい。正確な入力がされない

「あ」と入力したつもりが、「あああ」と表示されてしまうなど

④:CapsLockなど一部のキーを押すと、高音の耳障りなハイピッチ音が出る

この不具合は、YouTubeにてその様子が公開されています。

動画を投稿したユーザーによれば、この音は「本体の温度が上昇している場合に起こることが多い」とのこと

【①~④までの不具合の原因(推測)】

複数のユーザーから、2016年MBPから新たに採用された「2世代バタフライ構造キー」が原因でないかとの推測が出ていますが、真相のほどはわかりません。

・バタフライ構造キー

⑤:使用中に変な音がする

「ペットボトルをゆっくりと締め付けたような軋み音がする」とのこと。こちらもその様子が動画で公開。

【⑤の不具合の原因(推測)】

こちらも、ユーザーの推測によれば次の通り

  • 過度の発熱により、接着剤やヒンジ部分のプラスティック部分が影響を受け、パネル部分の重荷に耐えきれず変な音につながっているのでは?
  • スクリーン右下部を指で押すと同じような音がするため、ここらあたりの部品の不具合なのでは?

・不具合を直すには・対処法

どの不具合も、基本的にそれを直すには修理に出すしかなありません。

そして「⑤:使用中に変な音がする」の不具合については、保証対象外となるケース底面の交換から130ドル(約1万4000円ほど)の修理費用が掛かったユーザーもいたそうです。

参考:

MacRumours ”Some 2016 MacBook Pro Owners Experiencing Keyboard Problems”

9to5mac ”Growing number of 15″ MacBook Pro users report ‘popping’ sound coming from their laptop”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク