2017年E3で発表・続報がされた61タイトル・ゲーム機一覧まとめ

スポンサーリンク

2017年E3で発表・続報が噂/予想/アナウンスされたタイトル一覧まとめ

※紹介するソフトは基本的に噂タイトルですが、一部、最近発表された新作タイトルも含みます。メーカー50音順⇒アルファベット順で掲載。

更新情報

6/16:全体的に更新

目次(各項目をクリックでジャンプ)

【アクティビジョン】

・Call of Duty:WWII/FPS

第2次世界大戦を舞台にしたCoDシリーズ最新作。マルチプレイヤーモードのトレーラーが公開。

・Destiny 2/FPS

発売日が9月6日に変更。

【エレクトロニック・アーツ】

・ANTHEM(アンセム)

・ハード:Xbox One

・発売日:不明

BioWareによる新作。最大4人までのCo-op対戦対応し、ジャンルは“shared-world アクションRPG”になるとのこと。

・A WAY OUT

・ハード:PC / PS4 / Xbox One

・発売日:2018年リリース予定

分割画面のCo-opプレイが特徴的な、脱獄をテーマにしたアクション。

・FIFA18

・ハード:PS4 / Xbox One / Nintendo Switch / Xbox 360・PS3 / PC

・発売日:2017年9月29日発売

ストーリーモードは昨年発売の前作『FIFA 2017』からのものを引き続き踏襲

・スター・ウォーズ バトルフロント2

・ハード:PS4 / Xbox One / PC

・発売日:2017年11月17日

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場したダース・モールが現れるトレーラーが公開。

・ニード・フォー・スピード Payback

・ハード:PS4 / Xbox One / PC

・発売日:2017年11月10日

シリーズ最新作が発表。すでに予約受付開始中。

・バトルフィールド1

9つの新マップなどが含まれたエクスパンションパックがアナウンス。雪山の舞台やロシア軍が登場する。

【カプコン】

・マーベル VS. カプコン:インフィニット/格闘:9/21発売

人気シリーズの最新作。発売日が9月21日に決定(海外は9月19日)。

あわせて、ストーリーモードが楽しめる体験版が、6月12日に配信されることもアナウンス。またロックマンや「デビルメイクライ」シリーズのダンテの登場も明らかに。

・モンスターハンター:ワールド/アクション

前々から噂されていたPS4版モンハンがついに登場。

グラフィックスの美しさはもちろんのことながら、その場にある植物を活かした新規アクションや、葉っぱを生かしてモンスターに見つからないようにするステルス要素など、海外ユーザーにも受け入れられそうな内容に仕上がっている様子。

【セガゲームス】

・ソニックフォース

【スクウェア・エニックス】

・モンスター オブ ザ ディープ:ファイナルファンタジーXV/その他

FFXVの世界で、ノクト達との本格的なフィッシングを楽しみ、時にはハンターとして水底に潜む魔物へ挑むことが出来る。

・Life is Strange: Before the Storm

3本の新作ソフトが噂されていたが、正体はこれ?

人気シリーズの最新作『Life is Strange: Before the Storm』が発表。3パート構成で、エピソード1は2017年8月31日配信予定。

【ソニー・インタラクティブ・エンターテインメント】

・アンチャーテッド 古代神の秘宝

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の追加エピソードコンテンツ。アメリカでは8月22日配信予定。日本では配信日未定。

・スパイダーマン/アクション

「ラチェット&クランク」シリーズのインソムニアックゲームスが開発するだけあって、美しいグラフィックなのはもちろん、作り込まれたニューヨークの街並みやヘリコプター上のアクションなど、よりリアルでスリリングなゲームプレイが可能になっている模様。発売は2018年。

・『ワンダと巨像』PS4リメイク版/アドベンチャー

名作『ワンダと巨像』がPS4でリメイク。2018年発売予定。

・Days Gone/アドベンチャー

ソニー ベンドスタジオが開発中のアポカリプスゾンビアドベンチャー。今年のE3ではゲームプレイが公開。多数のゾンビの群れの様子は圧巻もので迫力ある。

・Detroit Become Human/アドベンチャー

近未来を舞台にしたSFアドベンチャーである本作。新たなトレーラーが公開。

・GOD OF WAR/アクション

発売日が2018年初頭に決定。新たなトレーラーが公開。

・Horizon Zero Dawnの追加コンテンツ“The Frozen Wilds”

Horizon Zero Dawnの追加DLCの詳細が公表。極限の地を舞台にしての、新たなる冒険が描かれる。

・The Inpatient/不明

「アンティルドーン」シリーズのSUPER MASSIVE GAMESが製作するVRゲーム。詳細は明らかにされていないが、どうやら病院を舞台にしての、アンティルドーンの前日譚を描く作品になるらしい。

・Bravo Team(ブラボ―チーム)/FPS

これもSUPER MASSIVE GAMESが開発。現代東ヨーロッパを舞台にしたVR・FPSゲーム。

・STAR CHILD/アクション

独立系スタジオ Playful が手掛けるVRゲーム。詳細は不明ながらも、未知の惑星を舞台にした横スクロールアクションになる?

【任天堂】

・ゼノブレイド 2

主人公は「レックス」と「ほむら」。

ゲームプレイ動画が初公開。登場キャラクター”イーラ”のキャラデザはスクウェア・エニックスの野村哲也氏。発売は2017年冬

・星のカービィ for Nintendo Switch(仮称)

Joy-Conをおすそわけすして、仲間を操作して、最大4人までの協力プレイも。2018年発売

・Nintendo Switch版「ポケモン」

「ポケモン」本編を開発するゲームフリークが開発中。2018年以降発売

・メトロイドプライム 4

Nintendo Switchで開発中

・ヨッシー for Nintendo Switch

これまでのヨッシー作品のような、温かみのあるビジュアル。ペーパーマリオRPGのように、視点を変えてステージの裏側も見ることが出来るとのこと。2018年発売

・ファイアーエムブレム無双

2017年9月28日の発売が決定。7800円。

・Switch版スカイリムとゼルダのコラボ

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド DLC試練の塔/英傑たちの詩(バラッド)

マスターモード・剣の試練・あしあと機能など新たなモードや新機能が追加。エクスパンションパスは2500円で発売中。ゼルダの新Amiiboも発売

・マリオ+ラビッツ キングダムバトル

日本での発売は2018年

Nintendo Switchで発売される、任天堂・マリオとUBIソフト・ラビッツのコラボレーションソフト。

おなじみのキノコ王国の面々、マリオ・ルイージ・ピーチ・ヨッシーとその世界に入り込んだラビッツとの冒険。マリオの世界が舞台だけあって、ドンキーコング(っぽいラビッツ)やテレサ、ボスパックンなども登場。

バトルシステムはターンベースのシミュレーションRPG。パズル要素もあり。ペーパーマリオ・マリオRPGシリーズでおなじみである「連携バトル」の要素も盛り込まれている。

・プロモーションビデオ

・こちらはUBIのプレゼンから

・ロケットリーグ

海外で高い評価を得ているアクションゲーム。

Switch版は専用カスタマイズアイテム・専用の車など追加要素あり。2017年年末発売(海外)

・スーパーマリオ オデッセイ

2017年10月27日の発売がアナウンス

【バンダイナムコエンターテインメント】

・ドラゴンボール ファイター Z

対応機種:PS4, Xbox One, PC

開発元はアークシステムワークス。開発エンジンはアンリアルエンジン4。

【ベセスダソフトワークス】

・DOOM VFR

2016年発売の『DOOM』をベースに、VRゲーム化。対応ハードはHTC VIVE・PSVR

・Dishonored: Death of the Outsider

dishonoredのスピンオフタイトル。発売は海外2017年9月15日。対応ハードはPS4 / Xbox One / PC。

・Nintendo Switch版『The Elder Scrolls V: Skyrim』

ゼルダとのコラボ要素が満載

・The Elder Scrolls V: Skyrim VR/RPG

人気作品がVRゲーム化。

・Fallout 4 VR

対応ハードはHTC VIVE

・Quake Champion

・Wolfenstein II: The New Colossus

海外2017年10月27日発売。対応ハードは PS4 / Xbox One / PC

・サイコブレイク 2

日本では2017年10月19日発売。対応ハードは PS4 / Xbox One / PC

【マイクロソフト】

[ハード]

・Xbox One X

”Project Scorpio”とのコードネームだったゲーム機の詳細がアナウンス。

・発売日・特徴・価格

発売日:2017年11月7日(海外グローバル市場。日本での発売日は不明)

特徴:”真の”4K解像度レンダリング、Ultra HD Blu-rayディスクの再生、スーパーサンプリング」によるXbox One用ソフトでの美しい描画Xbox One用タイトルと同周辺機器との互換性、など

価格:499ドル(約5万円)

Xbox One XとPS4 Proのスペック比較

世界市場でライバル機種となるPS4 Proとの比較は次の通り。

Xbox One X PS4 Pro
CPU AMD製Jaguar Evolved8コア 2.3 GHz AMD製Jaguar8コア 2.6 GHz
GPU AMD GCN, 40コンピュートユニット,1172MHz AMD GCN, 36コンピュートユニット,911MHz
メモリ 12GB GDDR5 (ゲームは8GB), 帯域幅326GB/s AMD GCN, 36コンピュートユニット,911MHz
4K 真の4Kネイティブレンダリング 4Kアップスケーリング
UHD Blu-ray 〇再生可能 ×

【関連】

11/7発売、”Project Scorpio”こと新型「Xbox One X」・「Xbox ONE S」、噂最新情報トピックス8つ
・ゲーム系人気記事 ”Project Scorpio”こと「Xbox One X」、Xbox ONE S、噂最新情...

[ソフト]

・後方互換性「Xbox Backward Compatibility」に、初代Xboxのタイトルも対応

・『マインクラフト』が4K対応

「SUPER SUPER GRAPHICS PACK」が配信され、Xbox One Xの4K解像度に対応

・Crackdown 3

2017年11月7日発売

・Forza Motorsport 7

60fps、真の 4K解像度、HDR対応を謳う。700車種・30の有名コースを収録。

対応ハード:Xbox One・PC

発売日:2017年10月3日

・Sea of Thieves

レア社の新作。タイトル通り、海賊をテーマにしたマルチプレイアクションゲーム。Xbox Play Anywhere対応。

発売日:2018年初旬(Xbox One・PC)

・State of Decay 2

発売が2018年春に変更。対応機種はXbox One・PC

【レベルファイブ】

・二ノ国II レヴァナントキングダム

3rdトレーラーが公開。

【Bluehole Studio】

・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

PCで人気のMMOFPS。

コンソールでは時限Xbox One独占

【DeepSilver】

・Metro Exodus

対応ハード:Xbox One, PlayStation 4, PC

発売:2018年

崩壊後のロシアを描くアポカリプスFPS。開発はこれまでのシリーズを担当した4A Games

【THQ Nordic】

Darksiders 3

5月2日に発表された新作タイトル。

主人公”FURY”を操作する、ハックアンドスラッシュタイプのアクションアドベンチャー。開発は『Darksiders II : Deathinitive Edition』を手掛けたGUNFIREGAMES。

【UBIソフト】

・アサシン クリード オリジンズ

人気シリーズ最新作。タイトル通り、本作ではアサシン教団の起源(オリジン)が描かれるとのこと。発売は2017年秋(海外では17年10月27日)。ハードはPS4・Xbox One・PC

・サウスパーク

対応ハードはPS4・Xbox One・PC。

・マリオ+ラビッツ キングダム バトル

Nintendo Switchで発売される、任天堂・マリオとUBIソフト・ラビッツのコラボレーションソフト。

おなじみのキノコ王国の面々、マリオ・ルイージ・ピーチ・ヨッシーとその世界に入り込んだラビッツの冒険が描かれる。マリオの世界が舞台だけあって、ドンキーコング(っぽいラビッツ)やテレサ、ボスパックンなども登場。

バトルシステムはターンベースのシミュレーションRPG。ペーパーマリオ・マリオRPGシリーズでおなじみである「連携バトル」の要素も盛り込まれている。発売は17年8月29日(海外)。タイトルにちなんだAmiiboもリリース予定。

・プロモーションビデオ

・Beyond Good and Evil 2

時は24世紀。奴隷の存在により高度な文明が繁栄する惑星「System3」を舞台にしての、さまざまな民族と文化が入り混じった社会を描く。タイトルの”Beyond Good and Evil”は、「善悪を越えて」の意。哲学者ニーチェの著(日本でのタイトルは『善悪の彼岸』)から取られている。

・The CREW 2

人気レースゲームの続編。対応ハードはPS4・Xbox One・PC。発売は2018年。

・FAR CRY 5

2018年春発売予定の本作。新たなトレーラーが公開。

・ゲームプレイ動画

【関連ページ】

『FAR CRY 5』を読み解く。本作が海外で早くも賛否両論を呼んでいるのはなぜか?アメリカで多大な影響力を持つ、キリスト教福音派との関連性
『FAR CRY 5』を読み解く。本作が海外で早くも賛否両論を呼んでいるのはなぜか?アメリカで多大な影響力を持つ、キリスト教福音派との関連性...

・Just Dance 2018

人気リズムアクションゲームシリーズの最新作。300曲以上が収録。

対応ハードはSwitch, Wii U, Wii, Xbox One, Xbox 360, PS3, PS4

・Starlink: Battle for Atlas(スターリンク:バトル フォー アトラス)

バトルシップによる惑星間でのバトルが中心のアクションアドベンチャー。バトルシップは実際のプラモデルのようなパーツが用意されており、このパーツを組み合わせて戦う。

対応ハードはPS4・Xbox One・NintendoSwitch。発売は2018年秋。

・STEEPの拡張パック「Road to the Olympics」

2018年開催のピョンチャンオリンピックに対応した拡張パック。

・Skull and Bones(スカル アンド ボーンズ)

時は17世紀、海賊が跋扈する時代において、主人公もまたカリブ海から出てきた海賊の一人。世界を征する海賊になるため、時にはバトルや艦隊の強化、時には同盟を組み、たくましく生き残ることが求められる。

対応ハードはPS4・Xbox One・PC。発売は2018年秋。

・Transference(トランスファレンス)

VRタイトル。詳しいゲーム内容は不明も、「ゲームと映画の垣根を超えたサイコロジカルスリラー」になるという。

クリエイティブディレクターは映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで知られるハリウッドスター、イライジャ・ウッドが担当。開発はUbisoftモントリオールとウッドの会社SpectreVisionが共同で行う。

対応ハードはPSVR・Oculus Rift・HTC VIVE・PS4・Xbox One・PC。発売は2018年春。

【インディーゲーム】

・CupHead

メーカー:StudioMDHR

ハード:Xbox Oneコンソール独占、PC

2Dガンアクションゲーム。色遣いやグラフィック表現、アニメーションの動きなどグラフィック面は1930年代、アニメ草創期のものの再現を目指しているという。

・Last Night

メーカー:Odd Tales

ハード:Xbox One時限独占

サイバーパンクSF映画『ブレードランナー』を2DピクセルCGで表現したかのような横スクロール型アクションアドベンチャー

【E3での発表無し、もしくは開発の否定がアナウンスされたタイトル】

・PC版『Halo 3』(マイクロソフト)

開発元343 Industriesが否定アナウンスを出している。

情報元

・ 『Halo 6』(マイクロソフト)

マイクロソフトのXbox部門トップ、Phil Spencer氏が公言。

情報元

・Theif 新作(スクウェア・エニックス)

スクエニ傘下で開発元のEidos Montrealのトップが噂を否定

情報元

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク