iPhone 8用ディスプレイをサムスンが今月末より製造開始との話

スポンサーリンク

iPhone 8用ディスプレイをサムスンが今月末より製造開始との話。エッジデザインは採用されず

サムスン内部からのインサイダー情報により、その情報の正確さにおいて定評のある韓国の大手新聞「Korean Herald」がiPhone 8での有機ELディスプレイについてレポートしています。

レポートによれば、「iPhone 8はすでに最終デザインが決定し、現在はサムスンがパーツ素材の供給に向けて動き出した状態」であるとのこと。

またサムスン製ディスプレイということで期待されるのが、Galaxy S8シリーズなどで見られる「画面サイド部の湾曲」ですが、これについてAppleは「機能性の低さから却下した」とのこと。すなわち、iPhone 8はこれまでの機種と同じようなデザインになるようです。

一方ディスプレイの生産は今月6月末から行われ、毎月1,000万枚以上が出荷される見込み、すでにアップルは8000万枚以上のパネルを注文したとのこと。

当初は12月の発売が噂れていたiPhone 8ですが、最近の話ではこれまでのモデルと同様、9月末のリリースが期待されています。

参考

Korean Herald-The Investor ”Samsung Display to start OLED production for iPhone this month”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク