ZenFone 4シリーズは7月末に発売。ASUS社CEO「5.5インチモデルがメイン。価格競争力のある値段」

スポンサーリンク

ZenFone 4シリーズは7月末に発売。ASUS社CEO「5.5インチモデルがメイン。価格競争力のある値段」

「モデル設計の見直しと品質アップグレード」のため、昨年のZenFone 3シリーズとは異なり5月末のカンファレンス「Taiwan trade show」での発表は無かったZenFone 4シリーズですが、 台湾など海外では7月末には発売されるそうです。ASUSのCEO、ジェリー・シェン氏が台湾の経済メディアとのインタビューに答え、明らかにしました。

またスマートフォン画面の大型化がトレンドとなっている現況ですが、シェン氏によれば、

ZenFone 4シリーズは5.5インチモデルがメイン機種

15,000台湾ドル(約5.5万円以内)以内の価格競争力のある価格で発売し、(赤字に苦しむ)ASUSのスマートフォン事業を第3四半期(7月~9月)から好転させることになるだろう。メイン機種の発売の少しあとに、ほかのZenFone 4シリーズを発売する。

ということで、プライスには期待して良さそうな様子。一方、メイン機種の発売少し後にシリーズモデルが発売というリリース形態はこれまでと同じようです。

・ZenFone 2018年モデルは、18年2月のMWCで発表予定

またインタビューでは早くも、ZenFoneの2018年次世代モデルについて「(毎年2月末開催の)MWC 2018で発表する」との話も飛び出しています。

ZenFone関連で言えば、AR対応を謳った「ZenFone AR」が6月14日に台湾で発売予定。こちらは価格:2万5000台湾ドル(約9万4000円)となっています。

参考

Digitimes ”Asustek to launch ZenFone 4 smartphones at end of July”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク