YouTube動画撮影時の基本的な照明(ライティング)の当て方

スポンサーリンク

Filmoraが教える、撮影時の基本的な照明(ライティング)の当て方

写真撮影・動画撮影に慣れない人が、まずぶつかる壁の一つであるのが「ライティング(光の当て方)」。自分も最近ショボい動画撮影を始めたのですが、まあいかんせんかなり苦労しているところです。

さて動画編集ソフトの「Filmora(フィモーラ)」さんは、YouTube上で動画編集講座を展開しており、そこにおいて基本的なライティングのテクニック「三点照明」を解説してくれています。

・ライティングの基本:三点照明とは

三点照明とは、キーライトとフィルライト、そしてバックライトの3つの光源により、撮影対象をきれいに撮るテクニックのこと。3つの光源は具体的に以下の通り。

  • キーライト…主な光源。メインの光
  • フィルライト…キーライトの反対方向から当てる。キーライトにより生まれた影を補う。キーライトやバックライト同様ライトを使うほか、レフ板を使うことも
  • バックライト(タッチライト)…撮ったり映したりするモノの後ろから、まるで肩と髪の毛を舐めるかのように光を当てる。バックライトを使うことで、背景と被写体を分離させ被写体に立体感を持たせ、画の高級感が向上する

図にすると、次のような形になります。

また、「DENPO-ZI(無料で動画制作を学べる総合サイト)」さんが展開する動画チャンネルでは、より本格的に、各照明の光量まで説明してくれています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク