ファーウェイP10は3つの新旧ストレージ規格が混在し、読み込み速度がそこそこ違う…

スポンサーリンク

【不具合】ファーウェイP10は端末ごとに3つの新旧ストレージ規格が混在し、速度が結構違う…

ファーウェイが発売する人気のSIMフリースマートフォン「P10」ですが、発売直後からユーザーのあいだで「端末による速さの違い」が話題となっているようです。

どういうことかといえば、例えば次の通り。

https://www.youtube.com/watch?v=02ZbqdM7jN4

どちらも同じ「HUAWEI P10」ですが、スピードにそこそこ違いがあるのが分かります。

これは採用しているフラッシュメモリの規格が異なるため。

・eMMC 5.0採用機種とUFS 2.1・UFS 2.0採用機種があるP10。今後も変更はなし

実はP10では3機種の規格が混在しています。

すなわち、機種ごとに旧タイプの「eMMC 5.0」と新タイプの「UFS 2.1」「UFS 2.0」がランダムに採用。

そして運悪く旧タイプである eMMC 5.0 採用機種を引いてしまったユーザーから不満が出ているようです(例えば、ココココ)。

なおファーウェからの回答としては、「ソフトウェアやハードウェアの最適化で、 (eMMC 5.0 採用機種でも)実質的なパフォーマンスの低下は起こらない」とのことで、今後も3つのメモリ規格を混在したままのP10のリリースを行うようです。

参考

android central ”Huawei CEO speaks on P10 memory + screen issues”

XDA ”HUAWEI P10 is using both eMMC 5.1 and UFS 2.1 as flash storage”

engadget.com ”Huawei blames slower P10s on memory shortage”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク