米国の大学ではどの分野の学生が多いか、どの専攻分野の初任給が高いか

スポンサーリンク

米国の大学ではどの分野の学生が多いか、どの専攻分野の初任給が高いか

アメリカの大学学部生について、専攻科目の生徒数、各科目専攻の初任給についての表が経済誌「ウォールストリートジャーナル」に掲載されてきました。

BI-AA805_SALARY_G_20140312123310

・専攻科目生徒数ベスト15(数字は端数切捨て)

経営学:36万5000人

社会科学・歴史学:17万7000

医療関連:14万3000

教育学:10万3000

心理学:10万900

映像/表現芸術:9万3900

生命科学:9万

ジャーナリズム:8万3000

エンジニアリング:7万6000

英米文学:5万2000

国防/法執行:4万7000

リベラルアーツ:4万6000

情報工学:4万3000

学際分野:4万2000

健康科学:3万5000

・専攻分野別初任給ベスト10

※昨年の初任給平均:4万5千ドル (およそ480万円)

石油化学 9万7000ドル
コンピュータエンジニア 7万ドル
化学 6万7500ドル
コンピュータサイエンス 6万4700ドル
宇宙工学 6万4500ドル
機械工学 6万4500ドル
電機工学 6万3000ドル
技術工学 6万1500ドル
経営情報システム 6万7000ドル
物流 5万9800ドル

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)