iPhone 7などで「手前に傾けてスリープ解除」が使えない不具合と対処法

スポンサーリンク

iPhone 7などで「手前に傾けてスリープ解除」が使えない不具合と対処法

・不具合の様子

iPhone 7などiOS 10に対応するスマートフォン機器類で使用できる便利な機能「手前に傾けてスリープ解除」ですが、同機能が使えなくなる不具合がアップル公式フォーラムにおいて報告されています。

なおこの機能は iPad Proでは元から使えず、またiPhoneにおいても使用できるのは

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6S
  • iPhone 6S Plus
  • iPhone SE

といった機種に限られています。

・「手前に傾けてスリープ解除」が使えない不具合の対処法

この不具合が発生した場合、公式フォーラムでの投稿を見るに、次の方法が有効なようです。

  • ①:iOSのアップデートがないか確認する

不具合はiOS 10.2でみられるようなので、iOSを最新の10.3.3(17年7月20日現在最新のiOS)にアップデートする

・iOSアップデートの方法・手順

[設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート ]

  • ②:機能そのものがオフになっていないかを確認する

「手前に傾けてスリープ解除」の確認の仕方

[設定]> [画面表示と明るさ]に移動し、「手前に傾けてスリープ解除」がオンになっているか

参考:

discussions.apple.com ”Raise to wake problem

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク