次世代iPhone SEが18年1~3月に発売と台湾国営メディア。インド市場がメイン市場に?A10 / メモリ2GBとの話

スポンサーリンク

次世代iPhone SEが18年1~3月に発売と台湾国営メディア。インド人向けのスマホに?A10 / メモリ2GBとの話

台湾の国営マスコミFocus Taiwan(中央通信社)が、新型 iPhone SEの発売情報を伝えています。

・新型iPhone SEのリーク情報

  • アップルは現在、インド市場を拡大させたいと考えている(編注:インドはスマートフォン世界第2位の市場)
  • そのためにiPhone SEの新型を発売しようとしている(編注:インドはまだまだ貧しいため、中国や韓国と違って小型で低廉価なスマートフォンも人気がある)
  • 次世代 iPhone SEの製造元は、台湾に本拠地を置くWistron になる
  • なぜなら Wistron は現在、iPhone SEの製造工場をインドのバンガロールに保有しており、そのため同社が選ばれた
  • 次世代iPhone SEはインドの同工場で製造され、まずはインド市場にて発売される。同端末は小型で安いスマホを求めるインドユーザー向けの製品になる
  • インドで発売された後、世界市場でも発売される
  • 発売は来年2018年Q1(1月から3月)

これまで次世代iPhoneについては、中国市場とのバッティングとの観点から「発売されない」との声がアナリストから出ていました。

しかしこの情報は大手マスコミが伝えたものゆえ、かなり信ぴょう性が高いものといえそうです。

・次世代iPhone SEのスペック

一方こちらは情報の精度は劣るものの、テックサイトのTekz24は次世代iPhone SEのスペックを伝えています。以下の通り。

チップセット:A10(iPhone 7・iPhone 7 Plusと同じ)

メモリ:2GB

ストレージ:32GB and 128GB (現在のiPhone SEと同じ)

メインカメラ:1200万画素

フロントカメラ:500万画素

バッテリー:1700 mAh(現在の iPhone SEは1640mAh)

デザインなど:iPhone 7のように、サイドのベゼル部分がわずかに狭くなる

参考

Focus Taiwan ”Wistron to expand production in India for smaller iPhone assembly”

tekz24 ”Exclusive: iPhone SE 2 to be Completely ‘Made in India’”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク