移植専門ゲーム会社Virtuosが「Nintendo Switchでの大作タイトル移植」に取り組んでいるとの話

スポンサーリンク

ゲーム会社Virtuosが「Nintendo Switchでの大作タイトルの移植」に取り組んでいるとの話

中国のゲーム会社Virtuosは、現在、Nintendo Switchでのゲームタイトル開発に取り組んでいるようです。

あまり聞きなれない名前である同ゲームスタジオですが、主に有名ゲームタイトルの移植作やコレクション版の開発に携わるスタジオであり、具体的には

『Assassin’s Creed : The Ezio Collection』『Final Fantasy XII: The Zodiac Age』『Final Fantasy X/X-2 HD Remaster』『MotorStorm Arctic Edge

といったタイトルの開発に携わりました。

さて今回、海外匿名掲示板 NeoGAF のユーザーが職業SNS ”LinkedIn” でVirtuos社員のプロフィールを発見したことから出てきた今回の噂。Virtuosは現在、3つのラインでソフトを開発中であり、そのうちの一つが「Switchでの大作タイトル移植用」のものとして動いているとのこと。

この「Switchでの大作移植タイトル」について、NeoGAFユーザーからは『バットマン Return to Arkham』なのではないかとの憶測が広がっています。

参考

NeoGAF ” Virtuos (FFX+X-2, Ezio colletion, Batman RTA) porting a AAA title to Switch”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク