Twitterアプリが暗い画面デザインになっていた場合の、元の状態への戻し方(夜間モードの変更)

スポンサーリンク

Twitterアプリが暗い画面デザインになっていた場合の、元の状態への戻し方(夜間モードの変更)

ツイッターのアプリを使っていると、ときどき画面デザインが青黒いものに代わっていることがあります。

・例(画面はAndroidアプリでのものです)

これはツイッターの「夜間モード」と呼ばれるもので、設定すれば、夜の雰囲気になじみやすくまた睡眠への挿入を妨げない暗めのデザインにUIを変更できます。

通常、ユーザーが自分から操作しない限り夜間モードには変更されませんが、ときどきスマートフォンのタッチパネルの誤作動で、夜間モードになっていることがあるようです。

・Twitterアプリの「夜間モード」をもとに戻す方法:Android版

①:ツイッターアプリの一番上にある、プロフィールアイコンが表示されているので、それをタップします

②:メニューアイコンが出てきます。下にスライドさせて、「夜間モード」の箇所をタップします

③:元に戻りました

・Twitterアプリの「夜間モード」をもとに戻す方法:iPhone版

・iPhone版もAndroid版と基本的なやり方は同じですが、「夜間モード」が月のアイコンに変更されています

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク