【ゲームレビュー】『真空管ドールズ』。ソニーらしいオリジナリティある独特の世界観とゲーム性。90点

スポンサーリンク

【ゲームレビュー】『真空管ドールズ』。ソニーらしいオリジナリティあるゆがんだ世界観とゲーム性。90点

ⅰ)ゲーム内容の紹介

今回紹介するのはアクションレースゲーム「真空管ドールズ」。独特な世界観の下、手に入れた少女のキャラクター”ドール”をカスタマイズしバトルを勝ち上がっていくのがゲームの基本内容。

カスタマイズでの戦略性が重要となる、奥深いゲーム性が特徴となっています。

舞台は科学が進歩したことで、あらゆる魔法が再現出来るようになった近未来。引きこもりで借金を抱えた主人公は「真空管ドール」と呼ばれる人形レース「バウト」に参加することに。

世界観やストーリーがしっかり出来ていて、かつ「ドール」と呼ばれる登場キャラクターそれぞれの個性がたっており、キャラゲーとしては非常に秀逸。

バトルは基本レースゲームですが、相手チームのHPを削ったり、様々な魔法が使えたり、カスタマイズによってゲーム性にさまざまな幅がとられた作りとなっていますす。ただスピードを競いあうだけでなく、障害物を上手くよけたり、アクションゲーム的な楽しみ方が出来るのがグッド。

ゲームの内容としては少しガチャゲー向きではない気がしますが、キャラクターだけでなくパーツにもガチャ要素を加えてバランスを取っているので、課金に対しての抵抗感はあまり感じません。

ⅱ)良かった点

・ソニーミュージックならではの狂った世界観。キャラクターデザイン、世界観のデザインが良い

芸術メーカーの宿命ゆえか、昔から『クーロンズ・ゲート』『東脳』『ガボール スクリーン』など、独特の世界観を持つゲームを多数リリースしてきたソニー・ミュージック・エンタテインメント。

・東脳

・ガボール スクリーン(世界の小室哲哉氏プロデュース)

本作でもその魅力が存分に発揮されており、見た目はただのよくある萌えキャラゲーながら、アジアの雑踏のようなレトロフューチャー感ある街並みや色彩豊かなオブジェクト、かわいらしくもパステルカラーの多用による一種の「ゆがみ」を感じさせるキャラクターなど、どの面を切り取っても個性的。

ありきたりな他のゲームでは感じる事の出来ない、オリジナリティがここにはあります。

【関連するページ】

【なるマニ】海外でウケている日本製・奇妙ゲー。人気「奇ゲー」15本 世の中にひっそりと存在するモノやサービスなど、紹介していくコーナー「な...

・物語は割とシンプルでわかりやすい

ストーリーは奥深く細かい設定がされているものの、プレイ中に躓く事もなくわかりやすく進行していきます。

ⅲ)悪かった点

・カスタマイズ画面でのスマホへの負荷が大きい

カスタマイズ画面において、時間が経つと本体が熱くなりゲームが落ちてしまう事がありました。

・レビュー点数&ゲームダウンロード

90点

ソニーらしいオリジナリティあるゲーム性が〇

真空管ドールズ

真空管ドールズ
無料
posted with アプリーチ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク