「MediaPad M3 Lite 10」まとめ7トピックス。10型/1900×1200/LTEで3.3万円のお買い得モデル

スポンサーリンク

MediaPad M3 Lite 10 Wi-Fi /LTEまとめ。評判・ベンチマーク・LTE対応状況など

LTEモデルでも2万円ほどの価格で人気のファーウェイ製タブレット「MediaPad M3 Lite 10 Wi-Fi /LTE」のまとめページです。

①:発売日・価格

【発売日】

2017年7月発売

【価格】

28,400円(Wi-Fiモデル)~/33,500円(LTEモデル)~

②:商品のポイント

・最新Android 7.0を搭載し、マルチタスク画面に対応

・Wi-Fiはa/b/g/n/acに対応

③:スペック

・スペック

OS Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU Snapdragon 435 MSM8940 1.4GHz+1.1GHz
RAM 3GB
外部ストレージ 最大128GB
画面 10.1 インチ、IPS
解像度 WUXGA 1900×1200
容量 132GB
メインカメラ 800万画素(AF)
インカメラ 800万画素(FF)
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4 / 5GHz)、
Bluetooth 4.1
通信機能(SIMフリーモデル)

通信速度上り:最大50Mbps(LTE)

下り:最大150Mbps(LTE)

FDD-LTE:バンド1/3/5/7/8/19/20

TDD-LTE:バンド 38/40/41

W-CDMA : バンド1/2/5/6/8/19

GSM : バンド 2/3/5/8

サイズ 173×7.1×460 mm
重量 460g
バッテリー 6600mAh
その他

テザリング最大接続台数:8台

microSIM x 1 (LTEモデル)

指紋認証

④:本体デザイン

・Webページを閲覧するところ

・本体背面

・視野角の様子

⑤:ベンチマークスコア。Antutu 4万5000点ほど

Antutu ver.6(総合性能) 45,000ほど
Geekbench4(CPU性能) シングル:1340

マルチ:2310

Ice Storm Unlimited(3DCGゲーム性能) 9000

最大輝度

⑥:LTE対応バンド帯について

・MediaPad M3 Lite 10のLTE対応状況と、キャリア3社の使用バンド帯

B 1 3 5 7 8 11 18 19 20 21 26
本機
D
a
S

B 28
本機
D
a
S

説明:D…ドコモ、a…au、S…ソフトバンク

参考:周波数帯&バンド帯一覧表

・NTTドコモのバンド帯の説明

メインはバンド1、次いでバンド19なので、ドコモ対応の格安SIMを選ぶ場合は両バンドに対応した機種を選びたいところ。

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 メインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。カバー範囲は全国
B3 1.7GHz 下り最大150Mbps。東京、大阪、名古屋のみ。
B19 800MHz帯 下り最大75Mbps。郊外や山間部で使用。遮断物に強く、建物の中にも届く。

いわゆるプラチナバンド

B21 1.5GHz帯 下り最大112.5Mbps。北海道、東北、四国、北陸。
B28 700MHz帯 15年1月より使用。都市部。いわゆるプラチナバンド

・auのバンド帯の説明

auはドコモと異なり、各バンド帯ごとでのエリアの公表をしていないのが難点。ただメインはバンド18。

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 通常エリア:下り最大37.5〜50Mbps。

CA対応エリア:

下り最大150Mbps。

B11 1.5GHz帯 下り最大 75Mbps。エリア狭
B18 800MHz帯 下り最大37.5〜150Mbps。auのメイン周波数帯。

建物内も強いプラチナバンド。

B26 800MHz帯
B28 700MHz帯 15年から利用開始。プラチナバンド。
・ソフトバンク&Y!mobile LTE回線
周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 ソフトバンクのメインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。4GLTE.
B3 1.8GHz Y!mobileのメインバンド。下り最大75Mbps。4GLTE.
B8 900MHz帯 下り最大75Mbps。プラチナLTE。
B11 1.5GHz帯 下り最大42Mbps。
B28 700MHz帯 15年より使用。プラチナLTE

⑦:海外レビューサイトの評判など

薄型で軽量な本体、4GモデムLTE、非常に美しいディスプレイ、便利なインターフェイス、高度な指紋スキャナなど使いやすい。

一方で、エントリーモデルによるチップセットの性能の低さ、充電に時間がかかること、色精度に問題がある点などがマイナスポイント。

ーproduct-test.ru、レビュースコア 86点

プラスティック製ながら、シンプルでエレガントなデザイン、バッテリー持ち時間の良さ、LED通知、指紋認証精度の高さ、
4つのハーマンKardonスピーカーなど、低価格製品ながら完成度が高い。

一方で、本体の発熱、カメラ性能の低さなどが問題である。

ーtabletowo.pl、レビュースコア 80点

・リンク:ファーウェイ公式ページ内 商品紹介ページ

参考:

product-test.ru

tabletowo.pl

My Next Tablet

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク