ソニーモバイル、”Xperia Touch”のAndroid 7.11アップデートを開始。ジェスチャー操作などができるように

スポンサーリンク

ソニーモバイル、”Xperia Touch”のAndroid 7.11アップデートを開始。ジェスチャー操作などができるように

・”未来のガジェット感”のある、Xperia Touchの様子

ソニーモバイルはAndroid搭載のタッチ操作対応スマートプロジェクター、”Xperia Touch”のAndroid 7.11アップデートを開始しました。

2016年Mobile World Congressでコンセプトが発表されたXperia Touchは、今年初めに発売開始。

プロジェクションされた画像映像にタッチできて操作できるというこのスマートプロジェクターのコンセプトは話題になり、161,870円という高価な価格ながらも好調なセールスを記録したといいます。

本品は元々Android 7.0を搭載していたものの、今回のアップデートではAndroid 7.1.1への更新に加えさらにさまざまな追加機能や調整に対応。

例えば手を振ってのスワイプ操作や、唇に指をかけて音量ミュートの有無を切り替えるなど、画面が投影された壁などに触れる必要がない身体的ジェスチャー動作が実行できるようになりました。

そのほかキーストーン補正設定、ALACオーディオサポート、ポートレートモードと本体に近づくと自動でスリープ状態から回復する人体感知センサーなどもアップデートには含まれています。より具体的なアップデート情報は、リンク先のソニーモバイルのブログで閲覧することが可能です。

リンク

sonymobile.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク