「HTC U11+」が発表。6インチ18:9HDRディスプレイ・半透明ボディ・3,930mAh大容量バッテリー

スポンサーリンク

「HTC U11+」が発表。18:9HDRディスプレイ・半透明ボディ・3,930mAh大容量バッテリー

台湾HTCは11月2日にカンファレンスを開催、新型スマートフォン「HTC U11+」を発表しました。

HTC U11+の特徴

・ベゼルレスデザイン、ディスプレイ

HTC U11のマイナーチェンジ版という扱いながら、大きく変わったのがデザイン面とディスプレイ回り。

新たにベゼルレスデザインとなったのに加え、18:9アスペクト比ディスプレイを採用。6型大画面には、Super LCD 6テクノロジーに、より広い範囲の色(DCI-P3)をサポートし、HDR10コンテンツを表示することが可能。

・半透明ボディ、耐水性、エッジセンス

カラーリングは、セラミックブラック、アメージングシルバー、およびトランスルーセントブラックの3色。”半透明な黒”を意味するトランスルーセントブラックは、その名の通り、内部パーツがうっすら見えるスケルトンボディ。最高級防水防塵IP68にも対応。

・中身が見えるトランスルーセントブラック

またHTC U11から対応した操作系、「エッジセンス」も引き続き搭載。”電話を絞る”ことでお気に入りのアプリ、連絡先、およびクイック設定へのショートカットなど、さまざまなアクションが可能になります。

・Snapdragon 835 とカメラ性能、3,930mAh大容量バッテリーなど

チップセットはクアルコムのSnapdragon 835。メモリ構成は4GBのRAMと64GBのストレージまたは6GB / 128GB。

またバッテリーは3,930mAhの大容量。一方、優れた性能を示したHTC U11をさらに上回るカメラ性能も
HTCは約束しています。OIS光学手ブレ補正、F1.7、および1.4umピクセルを備えた1200万画素など基本的なスペックはHTC U11と変わりません。フロントカメラは800万画素HDR撮影対応です。

・30%大きくなったスピーカー

オーディオ面では、HTC U11より30%大きくなったBoomSoundスピーカーを搭載。ダイナミクスの範囲と歪みも改善され、アクティブノイズキャンセリングイヤホン(別売)による騒音カットも可能です。

・HTC U11+の価格と発売日

HTC U11+はヨーロッパとアジアのみで発売予定であり、予約は11月20日からHTCのウェブサイトで開始。日本での発売も期待したいところ。

価格はイギリスで699ポンド(約10万1000円)、ヨーロッパでは799ユーロ(約10万6000円)となっています。

HTC U11+のスペック

発売:12月以降(海外)、日本不明

価格:799ユーロ(約10万6000円)

OS:Android 8.0 Oreo

チップセット:Snapdragon 835 2.45GHz

メモリ:6GB/4GB

ストレージ:128GB/64GB

外部ストレージ:microSD

画面サイズ:6.0インチ液晶ディスプレイ、Super LCD 6テクノロジーに、DCI-P3サポート、HDR10コンテンツ対応

解像度:1440 x 2880

画面本体比:78.23%

メインカメラ:12MP f1/1.7、OIS光学手振れ補正、
4K ビデオ撮影、120fpsスローモーション

前面カメラ:800万画素

バッテリー:3,930mAh、無線充電対応

サイズ:158.5 x 74.9 x 8.5 mm

重さ:不明

防水防塵:IP68

ポート:USB Type-C

オーディオ:USB オーディオ

カラー:アメージングシルバー、セラミックブラック、トランスルーセント

その他:指紋認証センサー、Squeeze絞り操作

参考:

phonearena.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク