米大手経済メディアが報道、2018年iPadはFaceID搭載、ホームボタン廃止。有機ELディスプレイは搭載されない

スポンサーリンク

米大手経済メディアが報道、2018年iPadはFaceID搭載、ホームボタン廃止。有機ELディスプレイは搭載されない

アメリカの大手経済メディア・ブルームバーグのレポートによれば、Appleは現在、2018年の発売に向けFace IDを搭載した新しいiPadの開発に取り組んでいます。

この新しいiPadは現状の10.5インチiPad Proと同様のディスプレイサイズを採用。加えてiPhone Xと同じように、タッチID付きのホームボタンの廃止とFace IDテクノロジーの搭載が行われるとレポートされています。

・さらに狭い(薄い)ベゼル幅。一方で、有機ELディスプレイの搭載は無し

さらなる変更点としては、より薄いベゼル幅がもたらされます。これは、物理ホームボタン用のスペースボタンがなくなるため、その分のスペースが空くことになるため。

一方で、FaceID 同様噂されてきた有機ELディスプレイの搭載はない様子。

より正確に色を再現できるなど数多くの利点を持つ有機ELディスプレイですが、現状、液晶ディスプレイと同等規模の大量生産は難しく、 仮に2018年にiPadが有機ELディスプレイを搭載するとしても、生産できる能力を持ったメーカーがサムスン傘下サムスンエレクトロニクスのみに限られてしまうため。

Appleはまた、新型Apple Pencil(アップルペンシル)も開発中であるようです。

【今回の情報のまとめ】

・2018年新型iPadは前々からの噂通り、FaceIDを搭載し、TouchIDとホームボタンが廃止されると大手メディアが伝える

・この新型iPadは10.5インチ

・ホームボタンの廃止により、ディスプレイのベゼル幅(フチ幅)がさらに狭くなる

・Appleはまた、新型アップルペンシルも開発中

・新型iPadでの有機ELディスプレイの搭載は、供給メーカーの生産能力の観点から、おそらくない

参考:

bloomberg.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク