ミンチー・クオ「2018年iPhoneは、5.8~6.5インチまで計3機種が登場。最安モデルは約7万4700円のお買い求めやすさ」

スポンサーリンク

2018年iPhoneは、5.8~6.5インチまで計3機種が登場。最安モデルは約7万4700円のお買い求めやすさ

アップルの2018年新型スマートフォンについて、KGI証券の名物アナリスト、ミンチー・クオ氏は有機ELディスプレイを搭載した5.8インチと6.5インチのモデルと、液晶ディスプレイを搭載した6.1インチのモデルを含む、計3機種が発売されると予想しています。

クオ氏は、3つのモデルともフルスクリーンのノッチ付き全面ディスプレイと、iPhone XのようなTrueDepthカメラシステムを装備するとしています。

5.8インチのモデルは画面密度458ピクセル、第2世代のiPhone Xのディスプレイと同じ1,125×2,436解像度を採用。また6.5型モデルは同480~500 PPI、6.1型モデルは同320~330 PPIとされています。

さらに6.1インチ液晶ディスプレイモデルは低解像度のLCDディスプレイを搭載、ローエンドおよびミッドレンジの市場を対象とし、649ドルから749ドルと、iPhoneとしてはお買い求めやすい価格を設定。

一方で残り2つのOLEDモデルはハイエンド市場がターゲット。これら2機種の価格については不明とのこと。

まとめると次のようになります。

【2018年 新型iPhone 3機種】

・iPhone X-2(仮)

ディスプレイ:5.8インチ有機ELディスプレイ

画面密度:458ppi

デザイン:全面ディスプレイ、ノッチあり

TrueDepthカメラ:あり

価格:不明

・iPhone X-2 Plus(仮)

ディスプレイ:6.5インチ有機ELディスプレイ

画面密度:480~500ppi

デザイン:全面ディスプレイ、ノッチあり

TrueDepthカメラ:あり

価格:不明

なお、iPhone X-2 Plusはこれまでもうわさに出ていました。

2018年発売、6.4型「iPhone X Plus」の予想本体図が早くも登場 テックサイトのiDropNewsが、201...

・iPhone 5.8インチモデル(仮)

ディスプレイ:6.1インチ液晶ディスプレイ

画面密度:320~330ppi

デザイン:全面ディスプレイ、ノッチあり

TrueDepthカメラ:あり

価格:649ドルから749ドル(7万4700円~8万4700円)

特徴:発展途上国、新興国向けモデル

参考:

www.macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク