「動画革命」を謳う、LG V30のビデオ撮影性能がすごすぎて気になる。スマホ初、HDR10bit イメージセンサー搭載

スポンサーリンク

「動画革命」をうたう、LG V30のビデオ撮影性能がすごすぎて気になる

日夜さまざまなスマートフォンが発売されているモバイル界隈ですが、個人的に、今一番興味あるデバイスがLGの「V30」「V30+」です。

とはいえLG曰く「映像の革命を手のひらに」とのふれこみのこのスマートフォンですが、今一つマニア以外に伝わっている感がありません。

例えば、YouTubeではこんな映像が公開されていました。

V30で撮影した動画と5万ドルの業務用撮影カメラ「RED Weapon」で撮影した動画を比較するというものです。カラーグレーディング(色調補正)後のV30撮影動画は、RED機で撮影した動画に勝るとも劣らない、実にすぐれたものとなっていることがわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=nAth8g05tfs

そのほかにも、こんな動画が公開されていました。

https://youtu.be/5w7ZGcGtum8

https://www.youtube.com/watch?v=PV8tf4lKtgA

いずれもこれまでのスマホ撮影動画のレベルを超えています。これにはびっくり。

このページではLG V30の動画撮影機能の凄さをお伝えできればと思います。

【LG V30のココがすごい】

①:スマホ初、HDR10bit イメージセンサー搭載

スマートフォン初であるのはもちろんのこと、一眼レフカメラでも搭載する機種の少ないHDR10bitイメージセンサーを搭載。これにより、よりダイナミックレンジ(明暗さ)の広い、豊かな階調表現が可能です。

LGは従来機種より「2倍の色をキャプチャーする」ことを謳っています。

・10bitセンサと8bitセンサーで撮影したものの違い

・10bitセンサと8bitセンサーの違い;その2(パナソニックGH5の例)

https://www.youtube.com/watch?v=agA9796bs3U

②:Log撮影が可能

ダイナミックレンジが広く、色の再現域も広い「Log撮影」が可能(LG-Cine Log)。200%の色域(従来の2倍)とRec.2020 800%のダイナミックレンジ(従来の8倍)の撮影にそれぞれ対応し、幅広い階調の撮影が可能です。

③:カラーグレーディングがスマホ単体で行える

通常は専用ソフトで行うカラーグレーディング(色補正)機能がLG V30内部に搭載(ただし簡単な機能のみ)。16の用意されたプリセットから、好きなカラートーンを選ぶことができます。

また動画編集ソフトも搭載。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク