Galaxy S9は虹彩センサー画素数が300万画素にアップ、スキャン速度も1秒以下になり、「虹彩センサーの完成形」に

スポンサーリンク

Galaxy S9は虹彩センサー画素数が300万画素に向上、スキャン速度も1秒以下を目指し、「虹彩センサーの完成形」に

サムスンの新型スマートフォン、Galaxy S9とGalaxy S9+に関する最新のうわさが出ています。

ここ最近の噂としては、Galaxy S9とS9+はセンサー認識率を高め、スキャンに必要な時間を短縮し、特定状況下における認識精度を高めるよう開発中である模様。

IRIS虹彩スキャナカメラセンサーは、300万画素まで画素数が上げられるそうです(これまでのGalaxy S8、S8+、Note 8では同200万画素)。

サムスンリーク情報においてほか圧倒する正確さで知られる、韓国の新聞「コリアンヘラルド」は、

この300万画素への画素数アップにより、Galaxy S9シリーズでは、眼鏡をかけていても、眼球を動かしても、暗いコンディションや明るすぎるコンディションであっても問題なく、ユーザーはストレスなく虹彩認証が行えるだろう。

との情報提供者のコメントを紹介しています。

・「虹彩センサーの完成形」に

加えて、ソフトウェアでのバージョンアップによる認証速度そのもののスピードアップも行われ、スキャン速度は1秒以下になるとのこと。

情報提供者曰く「虹彩センサーの完成形」になるとのことで、これは期待したいところです。

参考:

Korea Herald 

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク