世界3位のスマホメーカー、OPPOが日本市場に参入。中性能機種を中心に18年春にも

スポンサーリンク

世界3位のスマホメーカー、OPPO(オッポ)が日本市場に参入。中性能機種を中心に18年春にも

・同社の最新機種「OPPO R11s」

高性能かつ先鋭的なデザインで世界的な人気を誇る中国のスマートフォンメーカーOPPO。

同社はこの度、日本市場へ参入します。

日本経済新聞が伝えるところでは、同社はこのほど日本法人を設立、2018年春にも中価格帯(3万円から5万円程度)SIMフリースマートフォン市場を中心に参入予定であるとのこと。

同社は2016年スマートフォン世界出荷台数で3位を記録。5万円程度のお求めやすい価格に詰め込まれた性能の優秀さ、先鋭的なデザイン、ゲームモードなど独自機能の存在といった点がユーザーの心をつかんでいるようです。

・最新機種「OPPO R11s」「OPPO R11s Plus」のスペック

OS:Android 7.1.1 (Nougat) + ColorOS 3.2

チップセット:Snapdragon 660 、60fpsゲームモード搭載ColorOS 3.2

メモリ:4GB(OPPO R11s)/6GB(OPPO R11s Plus)

ストレージ:64GB

外部ストレージ:microSD対応

画面サイズ:6.01インチ有機ELディスプレイ、 Gorilla Glass 5

解像度:FHD+ (2,160 x 1,080ピクセル)

メインカメラ:1600万画素+2000万画素デュアルカメラ。共にf/1.7

前面カメラ:2000万画素

バッテリー:3200mAh

カラー:レッド、ブラック、ローズゴールド(Oppo R11s)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク