アップルがノッチ部をなくす特許を出願。画面下にカメラを設置

スポンサーリンク

アップルがノッチ部をなくす特許を出願。画面下にカメラを設置

アップルが展開するiPhone Xでは、各種カメラセンサーのためのスペース部分「ノッチ」部がユーザーからの不評をまねいているようですが、同社は現在、このノッチ部分を取り除くため、いろいろと試行錯誤しているようです。

2018年3月8日に米国特許庁(UPSTO)から公開された特許がまさにそれ。なお、この特許は2017年11月14日にアップルから出願されました。

・画面に開口部を開け、カメラやセンサーを画面下に入れる

今回の特許はディスプレイの特定一部分に画像素子を設けず、そしてその画面下にカメラやライトセンサー、タッチセンサーやスピーカーなどのデバイスを設置するというもの。くわえて設置部の配置位置や大きさを工夫することで、ノッチ部分のような非画像領域の存在を目立たなくさせるという技術のようです。

この特許が実際に採用されるかは不明なところですが、iPhone・iPadなどでのノッチ部完全排除については2019年モデルでの実施が噂されており、とりあえず、今年2018年モデルにおいては相変わらずこの箇所は存在し続けるようです。

リンク:

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク