新型9.7インチiPadでは、多くのアプリにおいて旧型より起動が早くなっている

スポンサーリンク

新型9.7インチiPadでは、多くのアプリにおいて旧型より起動が早くなっている

ユーチューバーのNick Ackermanさんは、 9.7インチ「iPad」の新型2018年モデルと旧型2017年モデルについて、アプリの起動テストを行いました。

新型9.7インチiPad(2018)は、チップセット(CPU)に新たに「A10 Fusion」を搭載する一方で、メモリ容量は2GBのまま。しかしながら、多くのアプリにおいて2017年モデルより起動が早くなっているようです。

また1回目の起動では同程度だったアプリにおいても、2回目の起動では新型のほうが早いなど、性能進化の様子が見られます。

・動画(左が旧型2017年モデル、右が新型2018年モデル)

【新型 9.7インチ「iPad (第6世代;2018)」のほうが、アプリの起動が早かったアプリ】

・時計

・YouTube

・Amazon

・Word

・JETPACK JOYRIDE(ゲーム)

・バスケットボールスターズ(ゲーム)

・Instagram(2回目)

【同じ程度の早さ】

・Instagram(1回目)

・eBay

・グーグルDoc

・NetFlix

【旧型 9.7インチ「iPad (第5世代;2017)」のほうが、アプリの起動が早かったアプリ】

・Dead Trigger 2(ゲーム)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク