アナリスト「19年iPhoneではトリプルレンズセンサーが搭載される」

スポンサーリンク

アナリスト「19年iPhoneではトリプルレンズセンサーが搭載される」

台湾ユアンタ証券のアナリスト、ジェフ・プルトニウム氏が、2019年発売の新型iPhoneについての予測をおこなっています。

・2019年iPhone では、(Huawei P20 Proと同じく)3つのカメラセンサーが搭載される。

・これにより、ズーム機能が強化されるだけでなく、暗い環境での撮影性能が改善される。

・AR機能もさらに高度なものになる。

・もちろん被写界深度性能が向上することにより、基本的な撮影性能も向上する。

・このトリプルセンサーは、19年発売のすべてのiPhoneにおいて搭載されるのではなく、最高級モデルのみ搭載される。

このiPhone 19年モデルについては、先日「5倍ズーム」「1200画素カメラセンサー」といったスペックが伝えられていました。一方、台湾の経済マスコミ・シンクタンクであるDIGITIMESは、2018年発売 iPhone でのトリプルレンズセンサー搭載を予測しています

いずれにしろ、今後「トリプルレンズセンサー」が新型iPhoneにおけるキーワードとなってくることは間違いなさそうです。

参考:tech.sina.com.cn

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク