Xperia XA2 Ultra、DXOMARKで総合75点

スポンサーリンク

Xperia XA2 Ultra、DXOMARKで総合75点

カメラ、スマートフォンなど各種デバイスの調査機関としておなじみ「DXOMARK」は、ソニーモバイルの2018年春モデル(2月海外発売)「Xperia XA2 Ultra」のスコアを掲載しました

フロントカメラにソニーモバイル初となる、デュアルカメラ仕様を備えたこのデバイス。メインカメラは2300万画素、1/2.3インチセンサーを搭載。

気になるスコアのほどは、 写真:75点、 ビデオ動画:74点、総合:75点となっています。

露光、カラー、オートフォーカス性能といったものの優秀さに対し、ノイズ、ズーム、テクスチャー(質感)といった各性能がマイナス要素となったようです。

・写真:75点

[ここが〇]

・日中撮影における、すぐれた露光

・フラッシュ撮影での、肌のトーンを含む満足できるカラーレンダリング

・屋外での良好なエッジ保存

・テクスチャ領域において、ノイズが低レベル

[ここが×]

・フレーム全体でディテールが大幅に失なわれる

・照明撮影でのカラーキャスト現象※1の発生

・コントラストの高いシーンで撮影しても、ダイナミックレンジが制限される

・フレア現象の発生

ーーー

※1 カラーキャスト:近くの物体から反射した光によって生じる、画像全体に見られる望ましくないカラー変化のこと。

例.左の画像ではカラーキャストが起きている

・動画:74点

[ここが〇]

・低照度撮影でもすぐれた露出

・良好なカラーレンダリング

・手振れ補正が優れている

[ここが×]

・ディテールレベルが低い

・低照度撮影では、はオートフォーカスが反応しない

・オートフォーカストラッキングが失敗することがある

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク