アナリスト「iPhone XとiPhone SEは今年秋には生産が終わる」

スポンサーリンク

アナリスト「iPhone XとiPhone SEは今年秋には生産が終わる」

リサーチ会社 BlueFin Research Partnersのアナリスト、John Donovan(ジョン・ドノバン)氏とSteve Mullane(スティーブ・ミュラン)氏によれば、Appleは2018年後半、発売を予定する新型 iPhone に資源を集中、それに伴って現在発売中のモデル「iPhone X」と「iPhone SE」の生産を停止します。

iPhone Xが生産停止される理由は「売れてはいるが、予想ほどではない販売状況」、一方のiPhone SEの理由は「性能的に古くなった」ため。

・新型iPhoneでは、6.5インチ最高級モデルが最も売れる?

またアナリスト両氏によれば、Appleは今年、新型「iPhone」3モデルを今年末までに9100万台を製造する予定。この3モデルのうち、もっとも販売されるモデルは最高級モデルの6.5インチ「iPhone Xs Plus(仮)」になるだろうとのこと。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク