Xperia XZ2の画面強度の優秀さがわかる、「キズひっかき」「火あぶり」「折り曲げ」テスト

スポンサーリンク

Xperia XZ2の画面強度の優秀さがわかる、「キズひっかき」「火あぶり」「折り曲げ」テスト

毎回、新しいスマートフォンが発売された際の恒例行事ともいえる「キズひっかき」「落下」「火であぶる」「折り曲げ」などといった過酷なテスト。

日本でも好評発売中、ソニーモバイルの人気スマートフォン「Xperia XZ2」。この新型スマートフォンにしても、同様にさまざまなテスト動画であふれるようになっています。

ガジェット製品破壊系チャンネルとして知られるJerryRigEverythingさんは、いつも通りXperia XZ2の耐久性テストを実施しています。

・動画:Sony Xperia XZ2 Durability Test – Scratch and BEND tested!

https://www.youtube.com/watch?v=lTfJAN3oz4o

まずは画面堅牢性テスト。ディスプレイにテープを貼り、2から9の数字を書き込みます。数字はモース硬度を現しています。

そして先端の硬度が異なるニードルを使って、どの数字番号で画面にキズが付くのかをチェック。Xperia XZ2の場合は「6」で傷がつきました。一般的なスマートフォンと同じほどの耐久性であるようです。

このくらい硬ければ、コインや鍵などでひっかいても、そうそう傷がつくことはありません。それらと共にポケットに入れておいても、そうそう困ることはなさそう。

同様にカッターの傷にも耐えていました。ただし、素材が異なるサイドフレーム部分はカッターに負けてしまう様子。

こちらはライターであぶっても、数秒すると元通りになる液晶パネル。耐火性能も優れているようです。

そして最後に手を用いてXperiaを曲げてみる「ベンドテスト」。力を込めて曲げを試みても、本体が折れ曲がったり、パネルの浮き上がるようなことは一切ありません。Xperia XZ2の堅牢性の高さがうかがわれます。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク