2019年はGalaxy S10+とNote 10が統合され、一本化?サムスンの採算悪化により

スポンサーリンク

2019年はGalaxy S10+とNote 10が統合され、一本化?サムスンの採算悪化により

・Galaxy S9

韓国の経済マスコミthe bellによれば、スマートフォン界の巨人・サムスンは2019年、新型「Galaxy S10+」と「Galaxy Note 10」、両モデルを統合する可能性があるそうです

これはスマートフォン市場の飽和による、サムスンモバイル事業の収益性が悪化したことによるもの。Galaxy S+とGalaxy Noteという、製品の特徴がほぼ類似している2モデルを統合し、コストの削減を行なおうとする声が同社モバイル部門内部から上がっているようです。

・Galaxy S+とGalaxy Noteの違いが見えにくくなっている

「Galaxy S+」と「Galaxy Note」という、モデル構成がよく似ている2モデル。

Noteモデルでは スタイラスペン「Sペン」があるとはいえ、他のスペック面といえば、例えばディスプレイサイズを見ても「6.22インチ(Galaxy S9+)」と「6.3インチ(Galaxy Note 8)」と、ほぼ同じ。

来年モデルのGalaxy S10+は6.4インチになるものとされ、さらに違いが見えにくいものとなっています。

・Galaxy Note 9は8月9日、発表予定

Galaxy Note 9は来月8月9日(現地時間)、米ニューヨークで開催されるカンファレンスで発表される見込みの新型「Galaxy Note 9」。

サムスンはこの新型デバイスに対し、例年の水準を上回る年間1200万台の出荷を想定。春に発売されたGalaxy S9シリーズは同社の想定出荷台数を下回っており、売れ行きにも注目したいところです。

source: The Bell 1,2

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク