MacBook Pro 2018年モデルでは、マザーボードが壊れると、SSDからデータが取り出せなくなる。修理サポートでも対応不可。対処法は「TimeMachine」での定期的なバックアップ

スポンサーリンク

MacBook Pro 2018年モデルでは、マザーボードが壊れると、SSDからデータが取り出せなくなる。修理サポートでも対応不可。対処法は「TimeMachine」での定期的なバックアップ

先日アップルから発表された「Touch Bar 搭載 MacBook Pro 2018年モデル」。しかしこの新型モデルでは、一度マザーボードが故障してしまうと、ストレージのSSDからデータを取り出せなくなってしまうようです。これはアップル関係の情報サイトMacRumoursが伝えるもの。

・MacBook Pro 2018年モデル

Touch Bar搭載モデルが登場した2016年のMacBook Pro以来、MacBook ProにおいてはマザーボードとSSDがはんだ付けされ、取り外せないものとなっていました。ただそれでも2017年モデルまでは、マザーボードが故障した場合においても、データ復旧器を使えばSSD内に保存されているデータを移行できるため、正規の修理サポートに出せばデータを復旧することができたのです。

データ復旧においては、マザーボード上にあるデータリカバリー用ポートに復旧器のコネクタを取り付けます。下の画像がそのポート

ところが、2018年モデルからはハード上の仕様からこのポートが省略されてしまいました。そのため、仮にMacBook Pro 2018年モデルはマザーボードが故障した場合、修理サポートに出してもデータの復旧が行われません。

実際、MacRumorsがAppleの正規修理店の複数に問い合わせたところでも、「Touch Bar搭載MacBook Pro 2018年モデルにおいては、データの移行には対応していない」との回答が寄せられたそうです。

・「Time Machine」での定期的なデータ保存が重要

AppleはMacBook Pro 2018年モデルのカスタマーガイドにおいて、Macでのバックアップ機能「Time Machine」による定期的なデータ保存を勧めています。

賢明な使用のためには、このアドバイスに素直に従っておいたほうがよさそうです。

・アップル:Time Machine で Mac をバックアップまたは復元する方法

参考:

MacRumours ”Apple Seemingly Unable to Recover Data From 2018 MacBook Pro With Touch Bar When Logic Board Fails

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク