日経「ファーウェイは折りたたみ型スマホの世界初リリースを目指している。19年初頭発売」

スポンサーリンク

日経「ファーウェイは折りたたみ型スマホの世界初リリースを目指している。19年初頭発売」

マーケットアナリストないし業界関係者筋の情報として、日本経済新聞アジアンレビューが伝えるところによれば、中国メーカーのファーウェイは現在、折りたたみ型スマートフォンの開発を急ピッチで進行中。同社の技術力の高さを示す戦略的商品として、この新型スマートフォンをリリースする世界で初めてのメーカーになろうとしているとのこと。

かねてから伝えられるとおり、サムスンは2019年の早い段階で折り畳み型スマートフォン「Galaxy X」をリリースしようとしており、その発表は1月のCESとも2月のMWCとも。

Yuanta Investment Consultingのアナリスト、Jeff Pu氏によれば、ファーウェイは自社製折りたたみ型スマートフォンの発売を「2019年初頭」に見込んでいる様子。とかくサムスンより早いリリースのため、初期出荷は2万台から3万台と、かなり限られる模様です。

・ファーウェイの特許から

・ファーウェイ製折りたたみ型スマートフォンも、非常に高額に

ファーウェイ製折りたたみ型スマートフォンののパネルは、大手メーカー・中国BOE Technology Groupが担当。

ただその一方で、Galaxy Xの本体価格が1500ドル(およそ16万5000円)と目されるように、「折りたたみ型スマートフォンにおける本体価格の高額化」はファーウェイの新型端末にしても同じ様子。

特殊な形状に加え特注部品を多く搭載する結果、生産量は非常に限られ、非常に高価格な製品となるようです。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク