ファーウェイ、新型「Honor Note 10」を発表。新技術CPU&GPUダブルターボ・6.95型・液体冷却。約4.5万円から

スポンサーリンク

ファーウェイ、新型「Honor Note 10」を発表。新技術CPU&GPUダブルターボ・6.95型・液体冷却。約4.5万円から

中国ファーウェイは、新型スマートフォン「Honor Note 10」を発表しました。極細サイドベゼルとノッチなしの6.95インチFull HD +(1080 x 2220ピクセル)AMOLEDディスプレイを搭載したファブレット。ディスプレイはHDR10規格をサポートし、115%のNTSCカラーガマットを備えカバーしています。

・メモリ、チップセットなど

メモリは6GBまたは8GB構成。6GBモデルのストレージは64GBまたは128GB、8GBモデルのストレージは128GBのみが提供されます。

・液体冷却、CPUターボとGPUターボの「ダブルターボ」

チップセットは最新 Kirin 970チップセット。液体冷却ソリューション「9」を採用。PCで採用される高品質な液体冷却パイプとのことで、熱暴走対策はバッチリ。

ファーウェイが最近導入する技術「GPUターボ」も、もちろんサポート。くわえて新技術「CPUターボ」機能も導入し、ダブルターボモードを構成します。専用ボタンで、いつでもこのモードを実行可能。

ほかメインカメラ部分は2400万画素+1600万画素。フロントカメラ部分は1300万画素。先ほどの「ダブルターボボタン」は、カメラシャッターとしても機能します。

・基本性能

OSはEMUI 8.2が搭載されたAndroid 8.1 Oreo。バッテリーは大容量5,000mAh。本体価格は 6GB / 64GBモデルが2,799元(約4万5000円)、6GB / 128GBモデルが3,199元(約5万2000円)、8GB / 128GBモデルが3,599元(同5万9000円)です。本体カラーはミッドナイトブラックとファントムブルーの2色が用意。

すでに中国では販売が開始されています。

・基本スペック表

価格:4万5000円から

OS:Android 8.1 Oreo

CPUチップセット:Kirin 970

新機能:CPUターボ、GPUターボ(ダブルターボ)搭載

メモリ:6GB /8GB

ストレージ:64GB / 128GB

メインカメラ:2400万画素+1600万画素

フロントカメラ:1300万画素

バッテリー:5,000mAh

カラー:ミッドナイトブラック、ファントムブルー

その他:チップセット冷却機構「9」

参考:

ファーウェイ公式サイト

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク