Galaxy Note 9、DxOMarkスコアは歴代2位の103点。そのカメラの長所と短所

スポンサーリンク

Galaxy Note 9、DxOMarkスコアは歴代2位の103点。そのカメラの長所と短所

カメラ性能を評価する調査機関DxOMarkは、サムスン電子の新型スマートフォン・ファブレット「Galaxy Note 9」のテストスコアを掲載しました。

総合スコアは103点。ファーウェイP20 Proの109点に続き、歴代2位の高得点。Galaxy S9+は総合99点だったので、確実にカメラ性能が向上しているようです。

・トップ3機種+Galaxy S9のスコア比較

スマートフォン 総合スコア 写真スコア ビデオスコア
Huawei P20 Pro 109 114 98
Samsung Galaxy Note9 103 107 94
HTC U12 + 103 106 95
Galaxy S9+ 99 104 91

Galaxy Note 9のカメラ性能スコア(DXOMARKより)

【写真:107点】

長所
  • オートフォーカス動作は、高速かつ正確
  • ほとんどの条件でダイナミックレンジが広い
  • 4倍ズームは、良好なディテールを保持
  • ディテール保持とノイズ低減のバランスが良好
  • 鮮やかな撮影写真
  • すぐれたボケ撮影
短所
  • 露出の不正確さが生じることがある
  • ハロ現象、ゴースト現象が起こることがある
  • シャープネスが失われることがある
  • フラッシュによる不均一なホワイトバランスを生じることがある

・ハロ現象

撮影した太陽の周りに、虹色の光の輪ができること

・ゴースト現象(右)

レンズ面で光が複雑に反射を繰り返し、はっきりと画像として写ること

出典:パナソニックホームページ

【動画ビデオ:94点】

長所
  • 非常に優れたオートフォーカスと、効果的なトラッキング(追従性能)
  • 明るく鮮やかなカラー
  • 露出の精度が良好
  • 屋外照明でもディティールまでよく撮れる
  • 明るい照明ではノイズもない
  • 動いているときでも止まっているときでも、どちらの撮影でも手振れ補正がすばらしい

短所
  • 低照度条件で、ディテールが失われることがある
  • 低光量の撮影でわずかに見える、ノイズ
  • 屋外シーンでは、時おりエイリアス(実際にはないギザギザ)が表示される

参考:DXOMARK ”Samsung Galaxy Note 9 review: Premium choice

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク