ファーウェイ「Kirin 980は、A12より高性能」。7nmプロセス、A12より多いトランジスタ数

スポンサーリンク

ファーウェイ「Kirin 980は、A12より高性能」。7nmプロセス、A12より多いトランジスタ数

Huaweiは先日開催のイベント、IFA 2018において最新のフラッグシップSoC「Kirin 980」をプレリリースしました。

この新型チップセットを搭載する最初のスマートフォンは、10月16日に発表される「Mate 20」と「Mate 20 Pro」です。

・Mate 20

・ファーウェイ「Kirin 980は、A12より高性能」

正式発表はまだとなるKirin 980ですが、Huaweiはこの新型チップに対し、

新型「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」搭載のチップセット「A12 Bionic」よりも高性能、高ベンチマーク

であることを主張しています。

HuaweiがKirin 980の優秀さを主張するポイントとしては、電力効率性、インテリジェンスAI性能、コネクティビティ、3年間にわたる長期開発などなど。

Kirin 980のトランジスタの量はApple A12より多い69億トランジスタ数、製造プロセスはA12と同じ7nmプロセス。今後の登場とベンチマークスコアが楽しみなものとなっています。

参考:techradar

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク