シャオミ「Black Shark Helo」が発表。メモリ最大10GB、コントローラ付属、RGBイルミネーション。約5万1800円から

スポンサーリンク

シャオミ「Black Shark Helo」が発表。メモリ最大10GB、コントローラ付属、RGBイルミネーション。約5万1800円から

中国シャオミは、新型スマートフォン「Black Shark Helo」を発表しました。最大10GBメモリにHDR10対応有機ELディスプレイ、Snapdragon 845、冷却チャンバー、ステレオスピーカー、RGBイルミネーションなど、正にゲーミングスマートフォンの王道機種となっています。

・「Black Shark Helo」のスペック

ディスプレイ:6.01インチ有機ELディスプレイ、SDRコンテンツをリアルタイムでHDRに変換、リフレッシュレート60Hz

解像度:FHD +(1080 x 2160)

チップセット:Snapdragon 845

メモリ:6GB / 8GB / 10GB

ストレージ:128GB / 256GB

(販売モデルは6GBor8GB / 128GB、10GB / 256GB)

microSDカードサポート:不明

メインカメラ:12MP + 20MP、f/ 1.75、1.25μm

前面カメラ:20MP、f / 2.2

充電:クイックチャージ3.0

バッテリー:4000mAh

ゲーム機能:コントローラ付属、ゲーミングモード専用ボタン、冷却チェンバー、RGBイルミネーション、ステレオスピーカー、ゲームプロファイル作成機能

3.5mmヘッドフォンジャック:なし

【特徴】

・アナログスティック付きコントローラ付属

10GBモデルでは2つのコントローラが付属、6GB/8GBモデルでは1つのアナログコントローラが付属。また携帯電話をゲームモードにする専用ハードウェアボタンもあります。

・ゲームプロファイルを作成可能

Gamer Studioアプリケーションでは、CPU、ディスプレイ、ネットワークなどを各設定を調整してゲームごとに異なるゲームプロファイルを作成することが可能。加えてこれらプロファイルは、 “Shark Code”機能で共有することもできます。

・ステレオスピーカー、RGBイルミネーション

ほか前面ステレオスピーカー、RGB LEDイルミネーション、本体冷却用チャンバー、HDR10ディスプレイなどゲームに最適な環境を提供。

くわえてPixelworksの新型モバイルチップ搭載により、SDRコンテンツをリアルタイムでHDRに変換してくれます。

ただ3.5mmヘッドフォンジャックはありません。またリフレッシュレートは、60Hzとなっています。

・価格と発売日

本体価格は6GBモデルが3,199元(およそ5万1800円)、8GBモデルが3,499元(同5万6700円)。中国で11月10日から発売予定。10GB / 256GBモデルの価格と発売日は今のところ未定です。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク