Pixel 3・Pixel 3 XLにおいて、「スピーカの音歪み」「アプリの強制終了」の不具合が報告される

スポンサーリンク

Pixel 3・Pixel 3 XLにおいて、「スピーカの音歪み」「アプリの強制終了」の不具合が報告される

海外ではすでに好評発売中となっているGoogleの新型スマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」。ただ初期出荷された端末の一部において、不具合が生じている様子。不具合は2種類、「スピーカーの音歪み」「アプリの強制終了」となっています。

・スピーカーの音がゆがむ

まずは「スピーカーの音歪み」。

複数のユーザー報告によれば、「底面スピーカーの音が異様にゆがむ」とのこと。加えてほかのユーザーによれば、「低音部・高音部で音がゆがむ」こともあるそう。

ただ両スピーカーで音量が異なり、底面スピーカーのほうが音が大きいものとなっているのはGoogle曰く「仕様」だそうです。

・両スピーカーで音量が異なるPixel 3(仕様)

https://youtu.be/qSJuKrSpghE

・メモリ容量が足りない?

Pixel 3と3 XLユーザーを悩ませるもう一つの問題は、「メモリ管理が貧弱なこと」。4GBメモリを搭載する両モデルですが、いささかメモリ容量が足りないのか、各種アプリケーションの再起動または強制終了が生じるケースがある模様。

ただこの問題に関しGoogle、今後のソフトウェアアップデートで修正するとアナウンスしています。

Source 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク