クアルコム、PC向け新型チップ「Snapdragon 8cx」を発表。Win 10向けに一から開発された初めてのクアルコム製SoC

スポンサーリンク

クアルコム、PC向け新型チップ「Snapdragon 8cx」を発表。Win 10向けに一から開発された初めてのクアルコム製SoC

ハワイで開催中のイベント、”Snapdragon Summit”において、クアルコムはWindows 10用向け新型チップセット「Snapdragon 8cx」を発表しました。

・プロモーションビデオ

・Windows 10 PC用に一から開発された初めてのクアルコム製SoC

クアルコムによるPC向けチップセット言えば、思い浮かぶのが「Snapdragon 850」ですが、Snapdragon 845の改良バージョンだったSnapdragon 850と異なり、今回の”8cx”は、Windows 10 PC用に一から開発された初めてのクアルコム製SoC。7nmプロセスで製造されるこの新型チップは、2019年第3四半期に搭載製品を出荷するとしています。

気になる性能面についてですが、Snapdragon 850の2倍のパフォーマンス」とクアルコムは説明。電源効率も60%向上したそうです。

またサイトWindows centralは、ネイティブWindows ARMアプリケーションを実行しているときの8cxのパフォーマンスは、Intel Core i5シリーズのCPUに匹敵する」としています。

現にSnapdragon 850においてさえCPUベンチマークスコアではCore i5 6300U 2.4GHz(Passmark 4370点)を上回っており、新型スナドラ8cxの期待は高まるところ。

ほかSnapdragon 8cxの特徴としては、デュアル4K HDRディスプレイ対応、ダウンロード速度最大2Gbps、クアルコム第4世代AIエンジン搭載、NVMe SSDサポート、CortanaとAlexaの音声アシスタント対応、Bluetooth 5.0サポート、Windows 10 Enterprise認定、QuickCharge 4+サポート、バッテリー持ち「数日」など。

搭載製品の登場に期待したいところとなっています。

情報元

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク