シンクタンク「19年iPhoneはサムスンの新タッチパネル技術を採用、本体が安く薄く軽くなる」

スポンサーリンク

シンクタンク「19年iPhoneはサムスンの新タッチパネル技術を採用、本体が安く薄く軽くなる」

IT調査会社・シンクタンクのIHSmarkitによれば、アップルは2019年、サムスンの新型OLEDパネルを採用、これによりiPhone本体の低価格化とより一層の薄型化、軽量化がなされるとのこと。

この新型パネルはサムスンの新型テクノロジー「 ‘Y-Octa’コアに基づいたもので、この技術においてはタッチスクリーンパネルにレイヤーまたはフィルムを追加する必要がなくなりました。

それによりディスプレイパネルが薄くなることでの携帯電話本体の薄型化、デバイスの軽量化、さらにはディスプレイ回りの部品点数が多数なくなることでのコスト削減が図られるとされています。

・サムスンの ‘Y-Octa’コア技術

毎年、今年こそ廉価モデルが出るとされながら、結局、今年のIPHONE XRもあまり安くなかったiPhoneシリーズ。2019年モデルこそ、廉価モデルに期待してよいのでしょうか。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク