19年新型iPhone XI Max・XI・XR2、まとめスペック情報ページ

スポンサーリンク

新型 iPhone 11 Max / 11 / XR2、まとめ情報ページ

2019年9月の登場が期待される新型iPhone。

これまでに明らかになっているリーク情報や噂トピックスをまとめています。

更新情報

6/14:「④:トリプルカメラになった「iPhone XI」「iPhone XI Max」」

①:登場モデル・価格・発売時期

【登場モデル】

2019年秋に登場する新型iPhone。アメリカの大手経済新聞The Wall Street Journalは、次の3つのモデルの登場をレポート。

  • モデル①:iPhone XRの後継機種、「iPhone XR (仮)

有機ELディスプレイ(OLED)を備え、メインカメラはデュアルカメラ

  • モデル②:iPhone XSの後継機種、「iPhone XI(iPhone 11)

有機ELディスプレイ(OLED)を備え、メインカメラはトリプルカメラ

  • モデル③:iPhone XS Maxの後継機種。「iPhone XI Max(iPhone 11 Max)

有機ELディスプレイ(OLED)を備え、メインカメラはトリプルカメラ

【価格】

ユーザーからは不満も寄せられる「本体価格の高さ」。

ただコンサルティング会社Atherton Researchによれば、2019年もiPhoneの本体価格は高いままであるそう。

【発売日】

量産開始:2019年6月~7月

発表・発売:19年9月

例年通りのスケジュール

②:改良された「新型Face IDカメラ」

2019年に登場するiPhone 11シリーズでは、顔面認証に用いられる「Face IDカメラ」「新型」となり、さらにその精度が改良されるそう。

アナリスト、ミンチー・クオ氏が予測。

③:デュアルカメラになった「iPhone XR-2」

精度の高いリーク情報で知られる、Onleaks氏からの情報。

【カメラなどスペック】

iPhone XR-2では、メインカメラがデュアルカメラ仕様に。

またディスプレイサイズは6.1インチのままも、より薄く、厚さは7.8 mmに(現行iPhone XRは8.3mm)。

本体カラーはレッド・ブルー・イエロー・ホワイトを確認。ほかにグリーン・ラベンダーが登場するとの話、

④:トリプルカメラになった「iPhone XI」「iPhone XI Max」

・これが「最終決定デザイン」とのこと

・トリプルカメラ搭載

高級モデル「iPhone XI」「iPhone XI Max」ではトリプルカメラ仕様に。台湾の経済シンクタンク、経済日報による性能レポートは次の通り。

iPhone 11 ・11 Maxのトリプルカメラ性能】

・1200万画素+1200万画素+1200万画素

・5倍光学ズーム

・ToFセンサーの搭載は

ファーウェイ「P30 Pro」、サムスン「Galaxy S10 5G」、ソニー「Xperia 1」など他社高性能スマホに続々と搭載されてきている「ToFカメラセンサー」。

ただこのセンサーは2019年iPhoneには搭載されないとのこと。

理由は「ToFカメラセンサーを搭載しても、あまり撮影写真画質の向上にはつながらないから」

TFインターナショナルセキュリティーズのアナリスト、ミンチー・クオ氏が言及。

・iPhone XI の3Dデザイン

【2020年モデル】

New➾⑤:120Hz Pro Motion ディスプレイを搭載

情報提供者、IceUniverse 氏によれば、アップルは2020年発売の「iPhone 12(仮)」シリーズにおいて、120Hz Pro Motion ディスプレイを搭載する予定。

そのため、現在、サムスンやLGとの協議中の様子。

120Hz Pro Motion ディスプレイは、iPadへの搭載でおなじみ。

・Pro Motion ディスプレイの様子

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク