クアルコム「19年は1億画素カメラを搭載したスマホが登場する可能性が高い」

スポンサーリンク

クアルコム「19年は1億画素カメラを搭載したスマホが登場する可能性が高い

4800万画素搭載、Xiaomi Mi 9 Explorer

最近のインタビューで、クアルコムの製品管理担当シニアディレクターJudd Heape氏は、2019年には6400万画素、さらには10000万(1億)画素カメラを搭載したスマートフォンが登場する可能性が高いことを明らかにしました。

実のところ、クアルコムSnapdragonシリーズ最大19200万画素までをサポートしています。ただしこの最高画素においては、マルチフレームノイズリダクションやゼロシャッターラグなどの機能を無効にする必要があるため、実用的ではありません。

2019年においては、すでにXiaomi Mi 9 Redmi Note 7 Proといった機種において、4800万画素メインカメラが搭載されるようになりました。

またVivo V15 Proでは4800万画素メインカメラに加え、3200万画素セルフィーカメラも搭載します。

くわえてHeape氏は、同社の次期フラッグシップチップセット(仮:Snapdragon 865)が、HDR10ビデオ録画のサポートを行うことを明らかにしました。

ソース

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク