ジャパンディスプレイ、有機ELディスプレイ市場に参入。2019年後半から供給へ

スポンサーリンク

ジャパンディスプレイ、有機ELディスプレイ市場に参入。2019年後半から供給へ

先日は台中勢の傘下に入ることが報じられるなど、ここ最近、何かと話題のジャパンディスプレイ(JDI)。

ロイター通信が報じるところでは、同社は有機ELディスプレイ市場に参入、第1弾として2019年後半から Apple Watch向けにパネルを供給するようです。

ソニーXperiaでも採用されるなど、 スマホ向け液晶では存在感のあったJDIだけに、スマートフォン向けOLEDでも活躍してほしいもの。ただ海外メーカとの競争が熾烈さを増す中、なかなかそれは難しい模様。

IHS Markitのシニアディレクター・早瀬氏はロイター通信に対し、「ジャパンディスプレイがiPhone向け有機ELの注文を獲得することは、ハードルが高いだろう」とコメント。

今回の有機EL参入が「ジャパンディスプレイにとって前向きな一歩である」としつつも、「今後も同社は厳しい道を迎えることになるだろう」としています。

一方で、スマートウォッチ市場の拡大にともない、同ディスプレイの出荷台数は現在うなぎ上りに拡大中。2018年の出荷台数は、前年比42%増加となる1億4900万台に達しました。

リンク

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク