今回のPS5情報を当てた18年のリークが話題に。PS5のグラフィックス性能は、14テラフロップス?

スポンサーリンク

今回のPS5情報を当てた18年のリークが話題に。PS5のグラフィックス性能は、14テラフロップス?

先日、一部スペック情報がソニー(SIE;ソニー・インタラクティブエンターメント)から公開された新型ゲーム機「PlayStation 5(以下PS5)」。

8Kグラフィック、カスタマイズSSD、PS4のゲームプレイ可、カスタマイズryzen(7nm)といったスペック情報が今回明らかにされたこの新型ゲーム機

そしてさらに、2018年12月にリークされた情報が、今回公開されたスペック情報と被っているとして、現在ユーザーの間で話題になっています。

そのリーク情報によれば、PS5のグラフィック性能(浮動小数点数演算能力)は14テラフロップスなんだとか。

現在のPS4(ノーマル版)が1.84テラフロップスほどなので、もし本当ならかなりの高グラフィックスとなりそう。

以下概要。

・PS5のリーク情報

すべて18年12月のもの

【発表時期】

・6月「E3 2019」と同時期に開催される、ソニープレスイベントにて発表

E3にソニーは参加しないため、そこでは発表されない。

・PS5の発売時期は、「2020年3月」または「11月」(春商戦か年末クリスマス商戦)。

まだ確定していないため、発売時期は漠然としたものになっている

【性能・スペック】

・CPU:7nmプロセス「Ryzen」

8コア16スレッド、クロック数はまだ不明

・GPU:7nm「Navi」アーキテクチャ

約14T FLOPS(テラフロップス)。高性能かつ7nmにより省電力性能も優れている

注: PS4ノーマルは1.84TFLOPS

・PlayStation 4のゲームプレイが可能

・ゲームメディアは、物理メディアディスク、PSストア(ダウンロード)にそれぞれ対応

・PS Plus、PS Plus Premiumに対応。Premiumベータでは先行アクセス、プライベートサーバーに対応

・AMDと提携し、レイトレーシングにも対応

レイトレーシングは、3D空間における光の複雑な相互作用を予測する技術。

それだけでなく、VRや4Kにも注力。全体的な帯域幅も大幅に向上する

・メモリ:「24GB GDDR6」

OSの分に4GB DDR4を割く。なお開発キットでは32GBとのこと。

・ハードディスク容量:「2TB」

NAND型フラッシュメモリ

・アップスケールにて8Kグラフィックスにも対応

【本体価格】

・本体価格:499ドル(約56,000円)。初回限定版が399ドルで販売される(約4万4000円)

【コントローラ(DUALSHOCK 5)のリーク情報】

・VR向けにカメラ内蔵

・FPSタイトルのため、アナログスティックの精度が向上

・新アナログスティックはSteam コントローラーのトラックパッドに似ている

【PS VR 2 について】

[発売時期・価格]

・PlayStation VR 2(PS VR 2)は、2020年に発売。PS5と同時に発表予定。

・価格:約250ドル(約27,500円)

[性能・スペック]

・解像度が大幅に向上。おそらく2560×1440

・FOV(視野角)は220度に向上

・アイトラッキングに対応

・ワイヤレスになり、配線も簡単に

・バッテリー寿命は4-5時間

・ヘッドフォン内蔵

・性能アップにより、プレイヤーのVR酔いが軽減される

・プロセッサーユニット無し

・PSVR2では、AAAタイトルでのVRに注力

・120Hz対応

【PS5での独占タイトル】

[ソニーの各タイトル]

・グランツーリスモ 7(VR)

・Horizon Zero Dawn 2(2021年発売)

・The Last of Us 2 リマスター

・Ghost of Tsushimaリマスター

[サードパーティ]

・PUBG(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)。4Kリマスター、PS Plusで基本無料プレイ

・AAAタイトル2-3作、PS VR向け2タイトル

【PS5でも発売されるタイトル(独占ではない】

[EAの各種ソフト]

・Battlefield bad company 3

・ハリーポッター

[ロックスター]

・グランド・セフト・オート 6

2020年のホリデーシーズン(年末)に発売。ソニー製ゲーム機ではPS5のみで、PS4ではリリースされない。ソニーは契約により、PS5での1ヶ月独占を獲得した。

なおGTA6、マイアミとニューヨークが舞台との話

[アクティビジョン]

・アサシンクリード最新作

リンク

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク