ソニー、イメージセンサー部門の強化を目的とした新会社を設立へ

Sony-Xperia-Z4-Compact-to-be-unveiled-on-May-13th

スポンサーリンク

新会社のソニーセミコンダクタソリューション株式会社、2016年4月の営業開始を目指す

ソニーは10月6日、イメージセンサを主力とする半導体分野について分社化し「ソニーセミコンダクタソリューション株式会社」を11月に設立、2016年4月の営業開始を目指すと発表しました。

スマートフォンのカメラセンサーに持ちいられるイメージセンサーですが、現在同社のイメージセンサーはアップル、サムスンほか主要スマートフォンで相次いで採用されており、この分野で重要な地位を占めています。

今回の分社化では、研究開発や事業管理、営業部門などを現在のソニー本体から移管することにより、事業のより一層の強化と持続的な成長を目指すとのこと。

加えて半導体の製造を担うソニーセミコンダクタ、設計事業会社であるソニーLSIデザインが、ソニーセミコンダクタソリューションズの子会社となることも発表されました。

新会社の社長には、現在ソニーでデバイスソリューション事業本部 副本部長を務める清水照士氏が就任する予定です。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク